MTMバイクブログ

四国の小さなバイク屋さんモーターテック・マツカワです。

2023 徳島ミニバイクレース第5戦(最終戦) SN50クラス参戦レポート

MTMマツカワです、最近ブログはミニバイクレースのレースレポートばかりですが今回は2023年シリーズの最終戦となった徳島ミニバイクレース、SN50クラスのレポートです。

20231112UP-03
11月19日(日)に徳島カートランドで開催された最終戦は天気も良くて各クラスでコースレコード連発のベストコンディションとなりました。

20231112UP-1520231112UP-16
何時ものように土曜前日入りしたのですが土曜は天候悪くて午後まで雪が降ったりしてたので自分はフリー走行を断念・・九州から参戦のゼッケン46の山本選手は午後4時位になってテスト走行していましたがめちゃ寒そうでしたね(^^;

20231112UP-1720231112UP-14
山の中にあるコースなので寒いかなと思いましたが車中泊される方も結構居て自分もいつものハイエースじゃなくて軽バンのバモスで車中泊しました、バモスはリアエンジンなのでヒーター付けなくても床暖房?でエンジンの熱だけで温まってぐっすり眠れました、ピットは九州の山本さんを誘って同一ピットでいろいろ情報を聞き出しましたよw

20231112UP-1820231112UP-12
今シーズンは転倒やエンジントラブルも多くてシリーズランキング上位は難しかったので今回用意したタイヤも中古のみで参戦しましたが蓋を開けてみれば予選4位と上々で決勝スタートで1つ順位を落とし1周目は5位で帰ってきましたが前回の忠義堂杯の耐久レースで会得した?新たなコーナリング走法でガンガン攻めます!!

20231112UP-1920231112UP-10
何とか表彰台圏内の3位に浮上してレース中の自己ベストとなる43.595秒で走るもトップの2台は42秒台突入で離れるばかり(汗、しかしこの3位バトルは熱かったですね!

20231112UP-06
レース後半で4位にポジションダウンするも立ち上がり重視のラインで自分のマシンはやや劣るトップスピードを伸ばす戦法で攻めてたら終盤の最終コーナーでリアからスッポ抜けで転倒!!、ここで自分の2023シーズンは終わりましたがお約束の展開でギャラリーウケしましたかね?(^^;


白熱のレース状況はミニバイクレース専用チャンネル ささやんTVでどうぞ!



マルチオンボードカメラバージョン

※自分のカメラはスタート時に起動出来ず撮れてませんが(^^;;

20231112UP-1320231112UP-20
最終戦は転倒で下位でフィニッシュと成りましたが4位のKen2y選手が表彰式前に帰ったので代わりに並んでますww、それと徳島ミニバイクレースの2023シーズンの各クラスのチャンピオンの表彰です。


という事で20数年ぶりに1年間フル参戦させてもらった徳島ミニバイクレースですが、昔ながらの熱いレーサーと戦うことが出来て良い刺激になりました、また毎戦走る度に速く走るヒントが得られるのでまだまだ辞められないかな?、とかいいつつ来年はもう少しゆっくりしたいと思いますがまた良かったら皆さん遊んでくださいね(^^

#徳島ミニバイクレース
#徳島カートランド
#ささやんRガレージ

2023 徳島ミニバイク忠義堂杯4時間耐久レースレポート

MTMマツカワです、2023/10/15(日)に徳島カートランドで開催された忠義堂杯4時間耐久レースの参戦レポートです。

今回もSN50クラスの4ストスクーターでの参戦ですが、他のクラスと混走のため周回数にハンデキャップが付くルールと成っています、SN50の4ストノーマルスクーターではハッキリ言って不利なのですがハンデキャップは周回数の13%増しなので戦略的にはワンチャン勝つチャンスは有ります。

20231015_15
レース当日の朝一番のフリー走行時はウェットパッチの残るコースの状態でしたが、ルマン式スタートの耐久レースが始まる頃には完全ドライになって秋晴れのすごく良いコンディションで開催されました。

20231015_2020231015_21
ブリーフィングでは耐久の特別ルール(特にライダーチェンジ時など)が説明されました、自分は昨年の大会にも参加していたので問題なく把握出来ましたが初めて参加される方などは良く聞いておかないとルール違反でペナルティーを受ける可能性があるので注意しましょう、そしてブリーフィング後は何故かヘルメット被って強歩大会!、ちょっと賞金出るそうだけど自分は体力温存でやりませんでしたww

20231015_1820231015_37
今回は「大逆転決死隊」というチーム名でゼッケン45のAチーム(松川、笠井、日浅)とゼッケン86のBチーム(三宅、加藤、久田)の2チームで耐久レース用に戦略練っての参戦です。

20231015_1620231015_36
参加チームは9チーム(内主催者1チーム)とちょっとグリッド的は寂しかったのですが参加人数としては31名のライダーが集まり中々濃密なレースに成ってたと思います、あと3クラス混走だけど丁度渋滞も殆どないので良い走行練習にもなりましたw

20231015_1220231015_35
ゼッケン45のAチームは第1ライダーは笠井選手、スタート序盤は徳島のスクーター王の田村選手にピッタリ張り付いて43秒台連発で走ってました!(コケたけどw)、ゼッケン86のBチームの第1ライダーは我らが峠のマーチャンこと三宅選手は・・まぁ練習がてらボチボチ走ってました(^^;

20231015_1320231015_39
大きなトラブルも無く午前2時間走ったところでお昼休憩!、走行マシンはピット保管で燃料給油も禁止の完全パルクフェルメ状態(F1みたいや!)、2時間走行時のリザルトはスクーターで出場している3チームは最下位だけど周回を1.13倍するとあら不思議、ほぼトップ争いしている計算になります!

20231015_1120231015_34
2ヒートとなった午後からの2時間も順調に走行してピット作業(キッチンタイマー付け替えw)や給油も完璧にこなします!、ルールでライダーチェンジが最低5回必要なので4時間の240分を均等に割って1人40分*6回のスティント(スタート時はライダーチェンジに含まれない)で走りました。

20231015_1420231015_40
マシンの準備からメンテも担当してくれた日浅選手の走りが覚醒して 44秒半ばでずっと40分走ってます、今回は第1ライダーの笠井さんの奥さんと息子さんに毎周回にタイムボードを出してもらったのでペース配分と自分の走りを調整して走りが進化したみたいですね!(次のスプリント戦が怖い・・)

20231015_0120231015_33
最後のスティントは自分の番で良い感じ(コケる気がしない)で44秒台で走行していたものの残り15分弱で第1コーナーでまさかの転倒を喫してしまい、FIの転倒センサーの復帰に手間取ってしまった・・ハンドルとかグニャグニャに曲がってしまったけど走り始めたら足回りは無事だったので何とかゴールまで走り切ることは出来ました。

20231015_03
結果は絶望していましたが、なんとか同じSN50クラスで走るゼッケン9の徳島の大御所チームに遅れること1周差で3位表彰台となりました。

20231015_41
優勝は愛媛の重松自動車さんチームでした、なんか自分の転倒で2位の大御所チームがめちゃくちゃ喜んでいたけど(^^;、我がチームは本来優勝を目指していたんですよ!!・・いや、全ては自分の不注意で転倒してしまったのが悪いんですが(大汗

20231015_3120231015_42
って事で「大逆転決死隊」は大逆転ならずのAチーム3位、Bチーム6位という結果になりました、でも一日中めちゃくちゃ楽しむことが出来ました!、他のチームの参加者さんも怪我もなく楽しめたんじゃないかな(^^

20231015_32
普段はシャンパンファイト(炭酸ファイトだけどw)はアッサリする所だけど今回は珍しくブシュブシュやってるお年寄り一同・・表彰台乗った10名のうち8人は50歳オーバーだけどねww


今回の忠義堂杯耐久レースって昨年に続いて第2回大会で賞金も出して頂けるので大変ありがたいのですね!、今年は9チーム(内主催者1チーム)のみのエントリーでちょっぴり寂しいかなと思われましたが出場している全チームはガッツリ楽しんでましたよ(^^、ローカルなミニバイクの耐久レースはご近所さん集めて盆踊り的なイベントとして気軽に参加していただけると良いなと思います。

また耐久レースだとペアライダーが必要ですしマシンの消耗とか考慮して参加をためらってる方もいらっしゃるとは思いますが、その辺りも参加車両の選定とか色々意見を出して主催の方々と協力して盛り上げれると良いですね、徳島カートランドでも今後も耐久が続きますよう宜しくお願いします(^^

#徳島ミニバイクレース
#忠義堂

2023 徳島ミニバイクレース第4戦 CUB-1クラス参戦レポート

MTMマツカワです、お待たせしました!9月17日(日)に開催されたスーパーカブのワンメイクレース、徳島CUB-1クラスのレースレポートです、今回はいつもに増して画像多めですw

CUB1-019CUB1-018
レース前日の土曜日にシェイクダウンとなった我がスーパーカブ50CUSTOM(通称角カブ)はキャブレター車だと徳島カートランドを50秒切れないかもしれないと言う情報が流れてきたのですが、持ち込みのセットのままで取り敢えず49秒台には入りました、走らせて最初に気になった点は新品のリアサスがガチガチで殆ど動いてない、ブレーキが全く効かない(スクーターの半分以下?)、キャブのセットが出て無くて高回転がハンチングする・・などなど不具合たっぷりですが車体に慣れるために結構走り込みました(^^;

CUB1-012CUB1-020
当方の地元愛媛から一緒に参戦したリトルカブのコモダ氏がスプロケセット変更とキャブレターのパワーフィルター取っ払ったら速くなったと言うので、スプロケは細かくセット変えるほど持ってきて無かったのでパワーフィルターだけ外して走ると確かに高回転までかなり綺麗に回るようになって46秒後半まで出るのを確認しました!、しかしキャブの中身も2台ともジェットもノーマルで前向きに付いてる直キャブなので本当にこれで良いのか?と思ったんだけど取りあえず今のところ一番良く走るので深く考えない事にして(^^; 体力も完全に切れたのでこれで全てのセッティングは終了させてレース車検も無事に合格しました。

CUB1-013CUB1-023
日曜は下の駐車場ピットから自分だけVIP待遇?のコース入り口の上のピットに移動します、実はスクーターで年間エントリーしているので上のピット枠を取ってるからなんだけどね(^^;、上の方がコースに近くて色んなレースを見るのに都合が良いのでこっちに移動しました、そして朝一で遠征組の方々がレース車検に集まります。

CUB1-037CUB1-038
通常エントリーに加えて四国外の遠征組に設けられた朝一番の練習走行は殆どカブで埋め尽くされてコースがカブまみれに成ってましたよw

CUB1-009CUB1-001
CUB-1クラスの練習走行では1周走っただけで余裕で他のカブの様子を見ます・・いや、単にガス欠で止まってただけなんだけどね(^^;;

予選結果
CUB1-035
その後の予選(タイムアタック形式)は総合7位でした、前日の土曜練習で46秒台が出てたんで頑張りましたが転倒して台無しにしてもいけないのでこのくらいで良しとw、予選上位3台にはまだ全く敵いませんが、それ以下にはもう少しカブのセッティングを詰めて車体と対話できるように成ったら良い勝負が出来るんじゃないかなという手応えを感じました。

CUB1-039CUB1-040
決勝スタートはスタート練習とか一切して無かったたので自動遠心クラッチのカブはクラッチレバーが無くて半クラとか特殊な技術がいるのでほぼ最後尾まで落ちたけど最初のコーナーで数台絡んで転倒があってたまたまイン側のラインを取ってた自分はほぼ順位を取り戻してラッキー!って感じでしたw

CUB1-007CUB1-045
ここで全国から集まったカブの猛者に果敢に挑戦する四国のライダーの紹介です、ゼッケン48の赤いリトルカブを駆る前日から一緒に参戦した愛媛のコモダ選手、ゼッケン17の愛媛の石川選手は自分と同じ4速のキャブ車の角カブを当日ぶっつけ本番で走らせて46秒台を叩き出してました!

CUB1-044CUB1-043
ゼッケン72はリトルカブの愛媛の岩岡選手、彼は昔から何に乗っても速いライダーですが今回はタイヤも足回りもノーマルのため実力発揮出来ずだったか?、ゼッケン34のカブDXは岩岡選手の息子さんのシンノスケ選手、若干18歳ですがかっちょいいフォームを見ると将来に期待です。

CUB1-011CUB1-010
ゼッケン30のジョルカブ(これもカブの仲間で4速エンジンです)を駆る地元の有名人で今回の首謀者の一人、徳島の下木選手です、最後にゼッケン52のカブDXはフェイスブックでカブを手に入れたと書いてしまったが為に強制的に参加させられる事になった(^^; 徳島の黒岩選手です、ちなみに全員殆どぶっつけ本番ですw

CUB1-005CUB1-042
そして決勝レース中はトップ2と3位~集団と9位~集団に分かれて混戦でレースが進んでいたと思います、自分は3位グループが見える6位を走ってましたが中々距離が縮まらない・・後ろからはゼッケン26のflick選手がグイグイ迫ってくるので逃げる逃げる!

CUB1-008CUB1-046
3位集団が周回遅れの方々を交わしてる隙に更に追いつこうと頑張ってたら2コーナーで若干18歳、愛媛のシンノスケ選手がコケとるではないか!(なんかレース中に3回コケたらしい・・ガッツ有るぞ!)

CUB1-041CUB1-048
転倒者を交わすのにアウト側のラインを通ったらflick選手にイン側から軽~く抜かれてしまった(汗、残すはファイナルラップのみで万事休す!、って事で予選7位、決勝も7位でフィニッシュとなりました、まぁ下手したら事前情報で2周遅れに成るんじゃないかと予想していたのをトップと同一周回でゴール出来ただけでも上出来です(^^

CUB1-050CUB1-049
優勝は下馬評通りKING前畑選手、タイムも一人43秒台と格の違いを見せつけられましたが、遠征組の方々にはいろいろ指標と成るデータを残していってくださったので突貫でしたがやはり参加して良かったですね。


決勝結果
CUB1-017

ささやんRガレージ レース速報(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=HiluXGMObUI

モーターヒーロー(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=uuuisu730nU

モーターヒーロー ノーカットオンボード(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=g2irMDi54l8
スタートの遅れとかモーターヒーローさん抜いた後に結構写ってますw

集合写真
CUB1-036
全国から徳島カートランドに集まったカブレーサーの集合写真です、実は自分のカブは上のピットに置いたままだったんで写ってないけど、また機会があれば混ぜて貰おうw

それでは徳島CUB-1レースに参加された皆さんお疲れさまでした、主催やギャラリーの方々にも好評だったようなのでまた近いうちに開催されると良いですね、またその時は宜しくお願いします(^^



ここから先は盗撮したw カブレーサーの画像です、レーサー作る時の参考にしましょうね!
CUB1-051CUB1-022

CUB1-033CUB1-034

CUB1-030CUB1-031

CUB1-027CUB1-028

CUB1-053CUB1-032

CUB1-026CUB1-025

CUB1-052IMG20230917152448
end.

#徳島ミニバイクレース
#カブワンメイク
#CUB-1
#全日本カブ耐久選手権