MTMバイクブログ

四国の小さなバイク屋さんモーターテック・マツカワです。

2023初夏のミニバイクレースレポート

MTMマツカワです、今年はスクーターレースに復帰して毎週のように走りに行ってますんで、軽くダイジェストで(^^;


2023/06/04
生名サーキット 全楽耐4時間耐久 2位表彰台
生名437
我が「ファニーボーイ(結成35年!)」とスクーターレース会の雄「ねぎぴいまんず」と夢のコラボで挑んだ4時間耐久レースです。
生名601IMG_4240
初夏の暑い中でこの日の為に中身を入れ替えたw レッツ4で参戦!、生名サーキットに合わせたセッティングが功を奏したのか4人でほぼノートラブルで快走しました。

IMG_4519Fx0hvcnacAMA1x2
結果は2位表彰台GET!、即席のチームでしたが昔から知ってるライダー仲間なので良いコラボと成りましたね、皆さんお疲れ様でした(^^



2023/07/16
徳島ミニバイクレース 第3戦 SN50クラス 惨敗
徳島rd3-02
関西勢、九州勢も大勢参加となってエントリー台数26名!、スクーターの全国チャンピオンが何人も出場って事で今年一番気合の入るレースとなりました。

徳島rd3-11徳島rd3-17
前日練習も手の内を見せない程度にほどほどにやってましたが、人気者の磯野選手のバイクの仕上げを見てたらついつい手が出てしまう・・w、夜にはみんなで温泉にも行って楽しみました(^^

徳島rd3-04徳島rd3-09
レース当日も中々の炎天下のなか予選で気合い入りすぎて6分間のタイムアタック中に2回も転倒(それもダメージ大きい)してしまい、予選通過が危ぶまれたんだけど予選通過17台中15位で辛うじて通過・・

徳島rd3-10徳島rd3-06
幸い決勝レースは参加台数の多いSN50クラスは最後の時間に割り振られて日浅選手と黒岩選手にも手伝ってもらってなんとか修復に間に合いました!・・がいろいろ懸念事項が(^^;;
 
徳島rd3-01徳島rd3-03
敗者復活から勝ち上がってきた選手らとほぼ最後尾スタート・・(^^;、スタート前のサイティングラップでも懸念していた事が出てしまいなんかブレーキのたびに「ガコガコ!」って言う音がして走りに集中できない・・

徳島rd3-05徳島rd3-08
結局最後までガコガコ音の原因は判らなかったんですが、帰ってきていろいろ確認してたらメーターの取り付け基部が転倒の衝撃で割れててグラグラに成ってたのでそれがブレーキングの度にガコガコ言ってのかも?、また試し走りしてないのでそこが原因かは判明していませんが(^^;

それと後続集団5台くらいで抜きつ抜かれつしてたんだけどみんなストレートの伸びが悪いみたいで、自分も単独だと8200rpm、スリップについてやっと8400rpmくらしかエンジン回って無かった(普段は8700~9000rpm)のでもしかしたら気温が高すぎて周りの皆さんも皆でE/GのオーバーヒートでFIがセーフモードに入ってたのでは?思う今日このごろ・・エンジンフルノーマルでサーモスタットも付いたままだからね(^^;;

と、せっかく遠征で速い人がいっぱい来てたのに全然絡めず終了しました(汗、この辺りがスプリントレース復帰組の勝負感の無さですね、もっと精進せねば・・、リザルト気になる方はググって下さいw

あと今回はカブでレースされている方も何名か参加されてて、マシンや参考となるラップタイムも見せてもらいました、9月の第4戦にはCUB-1っていうカブワンメイクのレースも有るのでぜひ一台準備して出場したいですね(^^


って事でまたレースの方も応援宜しくです~!

#生名サーキット
#徳島ミニバイクレース

スペイシー100でツーリングとメンテ

MTMマツカワです、ブログ更新頻度は落ちてますが今年に入ってスクーターレースに復帰して毎週のようにサーキット通いしてます、その合間に原付きツーリングも隙を見てちょくちょく行ってます!

今回は15年くらい倉庫に眠っていたというホンダのスペイシー100ってバイクを手に入れたので2人乗り出来る原付きバイクとして修理しました、実はKSR110やリトルカブは一人乗りなのでグループでツーリング行ったときに誰かのバイク壊れてもタンデムして乗って帰れるようにとこういうの一台用意したかったんですよw

357738963_6268331033265006_4887873217027938525_n
って事で3日間ほど乗り回してきました、歳のせいか神社とか山奥のダムとか何かパワースポット感じる所に出かけてしまいます。

IMG_20230517_122119202307スペイシー02
スペイシー100の最初の状態はホコリとカビまみれでしたが、実走行1300キロ程のほぼ新車なので洗ったら綺麗になりました!、ただキャブやフロントフォークシールなどは10年以上の放置で完全に劣化してましたが、そこは本業なのでサクっと修理しました。

357719766_6268331906598252_4793909837553239046_n357715115_6268354936595949_7686045031871997451_n
これはお試しで一人で200キロほど走って高知の自由軒で名物のミソカツラーメン・・じゃなくて塩分補給にシオカツラーメン頂いてきましたw

358079128_6271972862900823_8902391132946824947_n358089307_6271973696234073_8840852804144977176_n
それから嫁さんともタンデムで400キロ走って数日で合計600キロほど走り回ってきました、スペイシー100って空冷キャブ車の非力なスクーターだけどプーリーセッティングが絶妙なのか上りでも60Km/h以上でグイグイ走るし最高速も90Km/hほど出ますね!

202307スペイシー16202307スペイシー15
ツーリング装備にスマホホルダーとUSBソケットを装備しました、100均の車のシガーソケット用を改造して付けたのけど、そのままだと原付きは交流12Vなのでキーシリンダーの所のバッテリーから直流で12V来ている所に接続しました。

IMG_20230713_185627202307スペイシー05
そして600キロほど走行してきたら最高速が70Km/hも出なくなってきたので何だろう?と駆動系チェックしたらプーリーフェイスやクラッチフェイスがサビサビでそれが原因でVベルトが削れてしまってた(^^;;、ホンダのフェイスは鉄製なので長期間動かしてないと錆びるんですね。

202307スペイシー08202307スペイシー12
とりあえずサビをゴシゴシ落としてVベルトは純正より安いRK製で、ウェイトローラーも定評ある9.5gに変えてみたけど確かにピックアップは良くなった気がするけど、自分の走りでは燃費が悪くなるだけっぽかったので純正ローラー(13gだったかな?)に戻しましたw、無事に最高速も戻りましたよ(^^

IMG_20230618_191038IMG_20230622_161516
それと一番最初にフルノーマルでタンデムしたらリアショックが底付きしてほとんど仕事をしてなかったので、お店に転がっていたライブディオ用のYSSのリアショックを取り付けてみたらビンゴ!、タンデムで走っても違和感なくなりましたよ(^^、プリロードは一番強めているので1人で走るとちょっと硬く感じるけどそれはスポーティーな味付けって事でw

と言う事で原付きツーリングは時間の合いたときに突発的に行ってますが、また機会がありましたら皆さんと走りたいですね、その時は宜しくお願いします(^^

#スペイシー100

2023 徳島ミニバイクレース第2戦 SN50クラス参戦レポート

MTMマツカワです、最近はツイッターやFBなどSNS発信は比較的リアルタイムでやってますがこちらのブログはまとめてって感じになってますw、と言う事で5/21(日)に開催された徳島ミニバイクレース第2戦に参加してきました!、今回はマシンも走ってくれて2位表彰台GET!でしたよ~。

20230521-11
密かに前日練習して愛機ジョグ(SA39J)の駆動系とリアショックをブラッシュアップ!、おかげで何となくストレート伸びてるような気がする(ロウソクの炎の燃え尽きる前的な)けどオイル交換以外ノーメンテのエンジンなので消耗させないようにあまり走らせません(^^;

20230521-1220230521-06
今回決勝は10台となりましたが、遠征組の居ない徳島をホームとする地元レーサーだけでのレースとなりました。

20230521-0420230521-07
地元レーサーだけあって周りは勝手知ったる猛者ばかり・・、予選2番手スタートだったけど全員マルク・マルケスのようなミサイルばかりなので押されて一気に5位まで転落しましたよ(爆

20230521-0220230521-10
前回の走行写真を見て「伏せが足りない!」と思いシートスポンジ加工や着座位置の変更などでポジションを後方にかえて更に伏せれるようにしましたよ、ライトマスクが無いビーノはその分伏せることが出来ますがジョグやディオだとその分の対策が必要かな?、ディオを駆るねぎのリーダーとの差を御覧くださいw

※ 伏せたほうが速いかどうかは解らないけど視覚的に速いような気がする・・w

20230521-0320230521-05
スタートはミスったけど2コーナーの侵入でみんな道を譲ってくれた(混戦でラインが空いたw)ので一気に2番手まで浮上!(ラッキーw、そこから地元最強の田村選手を追いかける展開に成ってストレートの伸びとスリップストリームの勢いで一回最終コーナーで仕掛けたんだけどドン詰まってオーバーテイク失敗(^^;、そこからは田村選手が全くミスをしないのでジリジリと離されてしまいました・・

20230521-0920230521-08
後続もグループを作って至るところでバトルしてたようですね、ゼッケン30のビーノは伝説のぱちんこ勝った~ずの下木選手、それにゼッケン52のジョグを駆る黒岩選手は実に30数年前に少数派だったGダッシュを駆って同じレースに出ていた盟友だったとは驚きでした!

20230521-1420230521-15
って事でゼッケン9の田村選手がトップチェッカー!、後ろに写ってるのが自分でこの差でした(^^;;、表彰台で3位に入ったのはこちらも30数年ぶりにスクーターレースに復帰してきた松根選手でした、こちらも台風の目になりそうな気迫を感じましたね。


自分も引退したわけでは無いですが近年は初心者対象の耐久レースに参加させてもらってたりしましたので抜きつ抜かれつというか比較的ジェントル?にレース参加してましたが、ここ徳島ミニバイクレースのスプリントはそんな悠長な事は言ってられない!、生きるか死ぬかのレースで緊張感バリバリですね!・・というのは大げさな冗談なので皆さんも興味があれば是非参加してくださいね(^^

※初心者向けのチャレンジクラスも有ります(^^

 
20230521-16

今回のレースの模様は「ささやんRガレージ」の記録動画で見れますよ~(^^



次の徳島ミニバイクレースは 7/16(日)です、参加される皆さん応援団の皆さん次戦も宜しくお願い致します(^^