MTMではあんまりオフローダーはやってないんだけど、最近妙にオフタイヤの交換が多くて・・おかげでビードストッパー付いてても手動で瞬殺でタイヤ交換できるスキルが付きましたw

それでこちらはタイヤ交換と共にビックタンク(持込w)の取付を依頼されたので、ちょっと見てみるとタンク裏の耐熱シートが付属していないので、やはり付けないとまずいかなと思って純正品番みたら結構お高い・・(全部揃えると約1マソ・・)、他の人のブログとか見てたら外品のPOSHの耐熱シートで組んでいるのを見たのでウチもそれで行くことにしました。
WR250-02.jpg WR250-03.jpg
外品なんでもちろんシートはカットされていないので現物合わせで合していきます、あまり無駄に取るとシートが足りなくなるので入念に合わせます、ちなみにガラス繊維なので微妙に皮膚に刺さってチクチク痛いです(汗

WR250-02.jpg WR250-06.jpg WR250-07.jpg
と、こんな感じで切った貼ったで見た目は純正っぽく出来ました、というかタンク裏の形状が結構違うので純正のマットだと全く合わなかったかも・・、と簡単そうにやってるように見えるけどこれも不器用な人だと絶対苦労するだろうなって作業でした(^^;

完成したら違和感全然無いですね、タンクキャップがレーサーと同じネジ式のキャップになるのでガソリン入れっぱなしだと気化して無くなりそう・・満タンで置いておくのは要注意なのかな?

まぁその辺りはオーナーさんに任せよう!


↑ 宜しければバイク ブログランキングUPにご協力下さい。