MTMスタッフブログ

四国の小さなバイク屋さんから発信しています。 http://www.motor-tec.com

2012年07月

さあ今年も行ってまいりました鈴鹿8耐!、昨年は仕事の都合で土曜からは行けなかったけど今年はちゃんと4耐から観戦して来ましたよ!!

2012-8耐27 2012-8耐25 2012-8耐14
土曜は朝一番のノービスの祭典、4時間耐久レースに地元の喜井君が参戦するって事で一番間近で見れるヘアピンコーナーまで足を伸ばしてきました、ゼッケン16はと・・・おお!チーム・エッチングファクトリーという名門で走っているのか!!、ツナギがチームカラーのイエローなんで喜井君がどっちのステイントで走ってるのか判らないww、でも無事完走していたので良しでしょう(^^)

ではお約束のキャンギャル画像!、今年はデジカメを不注意で落下させてしまい液晶画面が割れちゃって全部「カン」で撮影してきたけどまずまずのが写っていました!(エヴァチームはダメだった・・w)

2012-8耐20 2012-8耐16 2012-8耐01
一番左は松山出身の我らが玉やんこと玉田誠選手のチームのマシンとキャンギャル!、序盤のトラブルとキット車のトップスピード不足で優勝争いは出来なかったけど予選もトップ10トライアルに進出とかやれる事はやったって感じでしょうか、今後も頑張れ!!

2012-8耐11 2012-8耐02 2012-8耐05
2012-8耐19 2012-8耐17 2012-8耐10
2012-8耐03 2012-8耐13 2012-8耐21
三段目の右端の画像はウチのJrのシート合わせ(毎年恒例?)を・・ホンダ向陽会ドリームRTさん今年も座らせてもらってすみません(^^;

2012-8耐23 2012-8耐22 2012-8耐26
今年は全く雨も降らず2日間とも猛暑でした、決勝も一番期待していたヤマハのゼッケン7番の中須賀選手がスタートすぐにトップに立ちぶっちぎりペースで走ってるとやっぱりというか派手に転等しちゃって戦線離脱(^^;、世界耐久組みのゼッケン99のBMWやハルクプロの清成選手とか表彰台確実って所で転等しちゃったりしましたが夕方の結構涼しくなって来た頃にも更に色々なドラマも生まれて見所ありました!

何と言っても最後数分の所まで3位表彰台を争った94番のヤマハと01番のトリックスターエヴァ号の鬼気迫る争いは見ていて鳥肌立ちましたね、そんな中で予選も決勝も目立った走りをしてないかのような11番のTSRの秋吉、ジョニーレイ組が圧巻の優勝となりました流石です。

毎年8耐に行ってる自分的には他にも色々見所あったんだけど、一般的にはこんなところかなw

2012-8耐24 2012-8耐09クマモン
さて・・・愛媛県人としては上記の熊本クマモンが8耐参戦していて今治のバリーさんが出場してないのは許しがたき事ではないでしょうか!!!、来年は是非バリーさんチームを作って参戦しましょう!!(第3ライダーに是非ワシを登録してください・・(ぅぅん

それでは8耐参加の方・・レース関係者はもちろん観戦していた人も全員!皆さんお疲れ様でした。

今年も土曜日の4耐決勝から鈴鹿入りしています。

日曜日のゲートオープンからひたすら8耐決勝観戦中です、今日も朝から暑かったけど午後6時も過ぎると大分涼しくなってきました。

午後7時30分のゴールまであと1時間少々だけど今年も色々なドラマが生まれてます!

明日は朝一から仕事なのでゴール迎えたら早めに帰る予定ですが、参加されてる皆さんもあまりハメを外さないようにね(笑)

この週末の土日は鈴鹿へ8耐観戦に行きます、8耐はテック21チームで平&ケニー組が出場した年から毎年現地に行っているので今年で27年連続かな・・我ながら8耐に取り憑かれているんじゃないかと思いますw

今年の見所は豪華な日本人ライダーの参戦ですね、全日本組みも世界戦組も、そして毎年8耐参戦のみをターゲットにしているプライベーターまでもう日本人ライダーの総決算って感じです。

愛媛出身の我らが玉やんこと玉田誠選手も上位狙えそうですし(というか本気で狙ってくれ!)、密かにヤマハファンの自分は芳賀紀行選手の鈴鹿での大暴れとか期待しています。

自分らもいつかは8耐に参戦したいですねー、念願の国際A級昇格も8耐の為だったんですが準備は着々と進む予定が折からの不況で実現はどんどん遠のいていく・・、しかし夢を夢で終わらせたくない何かが8耐には潜んでいる気がしますね。

とまぁ夢を語っても現実は本当に厳しいんですが、土日とも多分最終コーナースタンドのトイレの裏側w(日陰になってて涼しい)あたりに陣取ってると思うので、もし見つけたら気軽に声かけてくださいね(^^)

鈴鹿サーキットのライブ放送はこちら
http://www.ustream.tv/channel/suzuka-event

今年も開催しました、四国アイランドGPサマースペシャル玖木オートランド大会!!
玖木2
総合リザルトはこちら
【2012玖木オートランド大会リザルト】

いやー、土曜からサーキット貸切で楽しみましたねー!、季節がら暑いんですが走って火照ったら川に飛び込んでクールダウン!!、こんな贅沢なミニバイクレースは他に有りませんよww

玖木4 玖木3 玖木10
↑すでにレーシングスーツより浮き輪がメインな感じ・・w、ここだけ見るとバーベキューと川遊びがメインではないのか?って思われるんじゃないのかな・・(汗

玖木17 玖木22 玖木16
しかしちゃんとレースもしてましたよ、土曜入りから準備万全のチームはもとより土曜の10周の模擬スプリントレースは主催者である僕も走って一時はトップを走るもまぁ余裕かまして3位でゴール!(実はちょっと悔しい・・)、優勝は土曜だけ参加のモタード国際A級の伊藤さん(中央)、2位はアイランドGPの現在ポイントトップの渡邊さん(左側)でした。

玖木18 玖木7 玖木12
レース当日は玉田塾の玉田耕司選手も夫婦で応援に駆けつけて皆さんと仲良く(蹴散らしながらw)走ってくれました、ウチの娘もレースクイーンデビューしたので張り切って自分も2ヒート分走りましたよ!

玖木11 玖木9 玖木8
玖木5 玖木19 玖木20
玖木21 玖木6 玖木15

レースは1時間耐久を3ヒートの合計3時間ですが、なんと路面状況が第1ヒートはピーカンの完全ドライ!、第2ヒートがスタートして15分くらいで突然のにわか雨でフルウェット状態に、自分も第2ヒートは走っていたんですがドライタイヤで水深10センチくらいになるコーナーを攻めた?のは始めての経験でしたw、手伝ってくれてたオフィシャルが機転を利かせて45分で赤旗チェッカーとなりました、そして第3ヒートはスタートの時には雨がやんでいたものの路面はウェット、上位チームはレインタイヤで出走したものの30分も経つとほぼドライ路面になりレインタイヤではタイムが出ない状態になりました。

そんな中でトップチェッカーは3ヒートともゼッケン22番の渡邊選手が取り周回掛率を入れても総合優勝となりました、おめでとうございます!

玖木14 玖木13 玖木1
上位入賞者と結構良い絵となったシャンパン(サイダー)ファイト!w、そして四万十川で四万十の水を飲む!!、それではまた来年も開催の時は宜しくお願いします。

この日曜に開催される四国アイランドGP玖木オートランド大会決勝日ではHPのタイムスケジュールが時間の都合で更新されていませんが、午前、正午、午後の3回の体験走行枠を設けます。

費用は1回の走行枠につき500円、1回約20分の走行となります。

バイクは何でもOKなのでツーリングがてら自走してきても構いませんし、チームクルーとして来ているので折角なのでチームのバイクで走ってみたいって人でもOKです!

ただしバイクと服装装備のチェックを行いますので、あまり酷い格好だと走行をお断りします(Tシャツにぞうりとかw)

またこの時間枠でキッズ走行も行いますので、本気装備でバリバリ走ってやろうって方は体験じゃなくて本戦に出るようにしてください(^^;

キッズ走行は無料です、しかしヘルメットや服装装備はしっかりとしてバイクも基本的に各自持ち込み、保護者の方が責任をもって監視指導してください。

それではもう寝るので明日からの玖木オートランド大会参加の方はよろしくお願いします。

このページのトップヘ