MTMスタッフブログ

四国の小さなバイク屋さんから発信しています。 http://www.motor-tec.com

2014年07月

さぁ今年も鈴鹿8耐を見てきました!、今年で連続30回目の節目の8耐観戦は中々ドラマチックな展開でした。

2014-8H-45.jpg 2014-8HM-01.jpg 2014-8H-26.jpg
週末を通じてずっと暑い日が続いてて、前日の4耐から現地入りしたのですが只でさえ暑いのに暑苦しいホルヘ井下と席の陣取りに走りましたw

2014-4H-104KATSUYA.jpg 2014-8H-01.jpg 2014-8H-02.jpg 2014-8H-19.jpg
4耐では地元の四国中央市から喜井勝弥選手がゼッケン104のTOHOレーシングから参戦しているので応援!、昨年はリタイヤだったけど今年は19位完走で頑張りましたね(^^)、その後はピットウォークで本物のシュワンツ選手を間近に見たり色々情報収集w

2014-8H-05.jpg 2014-8H-11.jpg 2014-8H-07.jpg 2014-8H-13.jpg
愛媛のヒーロー玉田誠選手は今年はHonda Team Asiaの監督としてチームを引っ張っていました、こちらも一桁7位でチェッカーと頑張りましたね(^^)

2014-8H-06.jpg 2014-8H-08.jpg 2014-8H-15.jpg 2014-8H-16.jpg
ゼッケン903は香川のチームのノイズレーシングさんのマシン、ここ数年毎年8耐ら参戦されていて今年のリザルトは34位でした、それとクマモンチームも今年も出ていたけどチラシの擬人化キャラがごっつ可愛い・・バリィさんやミキャンも擬人化してくれんかな・・w

2014-8H-09.jpg 2014-8H-EVA01.jpg 2014-8H-22.jpg 2014-8H-24.jpg
エヴァンゲリオンのピットはいつも人だかりでいっぱいなので今回はイマイチな写真しか撮れなかったけど別途エヴァブースの方で色々撮影に成功w、それとシンガーソングライター左嵜啓史さんの風よ鈴鹿を生で聞けて鳥肌モンでした!、「風よ鈴鹿へ」って何?って言う8耐初心者さんはリンク先の動画を最後まで見るべしw

2014-8H-39.jpg 2014-8H-35.jpg 2014-8H-37.jpg 2014-8H-40.jpg
明けて日曜の鈴鹿8耐本番は朝から弩ピーカンの夏晴れで日焼け必死!!、と思ったらスタート直前でにわか雨が降ってきてスタートディレイとなり約1時間遅れてスタート進行からやり直しとなりましたがまだウェット路面でした、その後路面が乾きだした頃にもう一度ゲリラ豪雨で緊張が走りましたが、その後は雨雲も無くなり8耐らしいいつもの展開となりました(^^)

2014-8H-634TAHUMI.jpg 2014-8H-YSPYAMAHA.jpg 2014-8H-34YOSIMURA.jpg 2014-8H-27.jpg
スタートからTSRホンダがトップを独走してて「流石やな」って思ってた所で秋吉選手がまさかの130Rでの転倒!、かなり激しい転倒でしたが無事にピットに戻ってレース復帰!、そしてトップに立ったのはムサシRTハルクプロ、ゼッケン34のヨシムラの猛追を振りきって優勝となりました。

2014-8HM-04.jpg 2014-8HM-02.jpg 2014-8H-41.jpg 2014-8HM-05.jpg
例年のように来季のシート合わせ・・・(チガ、ウチの長男はレース見るの好きなので一緒に色々なコーナーに観戦に行ったんだけど次男と長女はお母さんと終日遊園地エリアに居ましたw

2014-8H-31.jpg 2014-8H-42.jpg 2014-8H-33.jpg 2014-8H-44.jpg
日没と共に観戦エリアをV1席に移動してチェッカーを待ちました、今年も色々な事が起こり下手なドラマよりもドラマチックな展開となって8耐を魅了してくれました、それでは皆さん来年も鈴鹿でお会いしましょう(^^)

※次は玖木オートランド、そして おちゃ原耐久かな!

7月20日(日)は松山オートランドでミニバイク4時間耐久で新たに燃料を5リットルで走り切る「エコ☆タイ」に参加してきました。

140720-matuyama27.jpg 140720-matuyama05.jpg 140720-matuyama01.jpg
今回は自分は参加せず(ツナギが着れないほど太ったとは口が裂けても・・)息子のタイガー松川とお雑煮耐久にも参加したホルヘ井下の2名で参戦となりました、まずはピット確保してマシンの清掃チェック、この清掃の儀式をやるだけでマシンの信頼性もすごく上がりますね、そして手持ちのスプロケで適当にローギヤに落とす自分w

140720-matuyama02.jpg 140720-matuyama03.jpg 140720-matuyama04.jpg
ブリーフィングの後は練習走行が出来ます、息子はミッション付きマシンで松山オートランドを走るのは初めて、ホルヘ井下も正月のお雑煮耐久ではエンジン焼きつきで30分ほどしか走ってないのでテクニカルなここのコースではペース的に不安が・・って思ってたらホルヘ井下転倒(ぉぃ

140720-matuyama06.jpg 140720-matuyama08.jpg 140720-matuyama07.jpg
練習走行が終わって今回はエコ☆タイって事でスタート時はまずタンクに3リットルだけ給油できます、主催のヤノバイクの大坪さんが入念にチェックして各バイクに燃料補給してました、今回参加台数は10台とやや少数でしたが参加ライダーは平均して1チーム3名だと思うのでライダー自体は30名ほどは居てピットは賑わっていました。

140720-matuyama09.jpg 140720-matuyama28.jpg 140720-matuyama10.jpg
スタートは予定では10時15分からだったのでゆっくり準備していたら参加台数も少なかったので10時丁度に繰り上がったようでスタートライダーのホルヘ井下、グローブ履くのが遅れて最下位スタート(^^;、まぁペース的に一番遅いのでウチのチームとしては全く問題なしw

140720-matuyama11.jpg 140720-matuyama12.jpg 140720-matuyama13.jpg
ウチのチームは超マイペース(ライダーは結構必死だけど・・(^^; )なので15分~20分のショートランでライダー交代を続けます、前半は全チーム共大きなトラブルも無く耐久レースらしく淡々と時間が立っていきます。

140720-matuyama14.jpg 140720-matuyama15.jpg 140720-matuyama16.jpg
レースも2時間を超えたあたりから主催者から走行中のライダーにピットインしてもらってコーラを振る舞うというサプライズルールが発動しましたww、炭酸飲料のコーラを全部飲み干さないと再スタートさせてもらえないルールでピットも湧きましたね、またレースも中盤戦以降はタイヤのたれと各ライダーの疲れも見れ所々で転倒もありました、画像はクルーズイン耐久の最大のライバル砂田さんの所も転倒してました(^^;

140720-matuyama20.jpg 140720-matuyama19.jpg 140720-matuyama17.jpg
ウチのタイガー松川も2回の転倒を喫しましたがへこたれず走行を続けていました(^^)、最後はホルヘ井下が練習走行の時の転倒で痛めた左手を引きずりつつ無事にゴールイン、しかしなんとここで丁度ガス欠でエンジン停止しました、ウチのペースでノーマルのNSR50なんだけど5リットルで松山オートランドの4時間耐久走行はギリギリなのかな・・ちょっと要検証です。

140720-matuyama26.jpg 140720-matuyama23.jpg 140720-matuyama24.jpg
表彰式です、ウチのチームはブービーの9位でしたが現時点の走りでは納得の成績でしょう、走るシケインとなっていて申し訳有りませんでしたが集団になった時でも2人とも殆ど臆すること無く走行していたので将来に期待です(^^)

140720-matuyama25.jpg 140720-matuyama21.jpg 140720-matuyama22.jpg
今回の最大の目的であるMTMからのミニ四駆布教活動・・w、キット2台をウチから提供させてもらい主催者の配慮で中学生ライダーに渡りました、このミニ四駆でレーシングマシンの基礎を覚えましょう(^^)

と言うことで天候も良く耐久日和になった一日で大変楽しめました、またこのような和気あいあいと参加できるレースが続けられる事を期待しています、それでは参加された皆さんスタッフの皆さんお疲れ様でした!

■エコ☆タイ画像集 by よっし~

次は8/9~8/10開催の玖木オートランドへ参加します。

MTMではあんまりオフローダーはやってないんだけど、最近妙にオフタイヤの交換が多くて・・おかげでビードストッパー付いてても手動で瞬殺でタイヤ交換できるスキルが付きましたw

それでこちらはタイヤ交換と共にビックタンク(持込w)の取付を依頼されたので、ちょっと見てみるとタンク裏の耐熱シートが付属していないので、やはり付けないとまずいかなと思って純正品番みたら結構お高い・・(全部揃えると約1マソ・・)、他の人のブログとか見てたら外品のPOSHの耐熱シートで組んでいるのを見たのでウチもそれで行くことにしました。
WR250-02.jpg WR250-03.jpg
外品なんでもちろんシートはカットされていないので現物合わせで合していきます、あまり無駄に取るとシートが足りなくなるので入念に合わせます、ちなみにガラス繊維なので微妙に皮膚に刺さってチクチク痛いです(汗

WR250-02.jpg WR250-06.jpg WR250-07.jpg
と、こんな感じで切った貼ったで見た目は純正っぽく出来ました、というかタンク裏の形状が結構違うので純正のマットだと全く合わなかったかも・・、と簡単そうにやってるように見えるけどこれも不器用な人だと絶対苦労するだろうなって作業でした(^^;

完成したら違和感全然無いですね、タンクキャップがレーサーと同じネジ式のキャップになるのでガソリン入れっぱなしだと気化して無くなりそう・・満タンで置いておくのは要注意なのかな?

まぁその辺りはオーナーさんに任せよう!

このページのトップヘ