MTMバイクブログ

四国の小さなバイク屋さんモーターテック・マツカワです。

レース活動

2021年11月 生名サーキット初心者歓迎3時間耐久優勝レポート

皆さんお疲れさまです、今回は2011年11月28日(日)開催 生名サーキット 初心者歓迎耐久レースレポートです。

20211128-IKINA_45
昨年に引き続き生名サーキットの耐久レースに参戦してきました、今回は秋晴れでとても気持ちの良い天候と成りました。

20211128-IKINA_4920211128-IKINA_03
朝5時に出発して7時過ぎに到着!、午前中に軽い練習走行と未経験60分耐久レースに参加のゼッケン39番とゼッケン34番の身内のチームのお手伝いです。

20211128-IKINA_0420211128-IKINA_44
原付きツーリングでお馴染みのリトルカブも参戦!、相方はドノーマルのクレアスクーピー!!、でも芸術的な走りで2位表彰台!、更にゼッケン39番のノーマルNSR50も同一周回数で3位表彰台をゲットしました(^^)、どちらも入賞おめでとうございました。


そして午後からは本番の3時間耐久レース!、一応初心者歓迎(ガチな人もOK!)ってレースなのでレース経験は殆どないけど峠のレジェンド堀口さんと、いつも限界ツーリング?でお世話になってる真鍋BOOSと自分の3人で参加です。
20211128-IKINA_0120211128-IKINA_16
我がチームは3人で152歳なので平均年齢50歳以上が参加出来るシニア(おっさん)クラスへ参戦です。

IMG_0593
第1ライダーは骨董品(失礼w)のようなホンダのGダッシュで参戦のレジェンド堀口さん、皆とは一線を画す立ち上がりフロントアップ走法で他のガチスクーターを蹴散らしていきます、そのままウイリーしても良いそうだけど初心者レーサー達にぶつかっても駄目だとやや自粛走法(^^;

IMG_0673
第2ライダーは我らが真鍋BOSS!、昨年未経験60分を一人で走りきり全車周回遅れにする圧倒的な走りで今回は3時間耐久に参加する事になりました、まぁ年齢的に割り当てられたって話もありますがねw

IMG_0742
第3ライダーは自分の番!、ライダーチェンジを減らすべく怒涛のパッシングで(危ないのでボチボチだけど・・)50分近く一人で走ったんだけど途中で一回コケたり必殺のスピンターンしたりして周回アドバンテージはチャラにしてしまったという・・(^^;、まぁ怪我しなくて良かったっす。

IMG_0519IMG_0803
そして3時間耐久にはゼッケン99番でTZMを駆る身内のチームも参戦で煮詰まっていないマシンでかなり頑張っていましたが僅差の4位で表彰台獲得成らず・・また次回への課題が出来ましたね。

20211128-IKINA_0520211128-IKINA_07
それと3時間耐久には現役で全日本国際A級ST600クラス参戦中の松岡玲選手やミニバイク界の神様!、プライドワン山岡社長も一緒に走ってくれてその芸術的な走りにシビレました(^^


日が傾いた午後4時に耐久レースも無事にゴール!、途中15分程の赤旗中断があったので自分は真ん中のスティントの50分程を1回走っただけですが、レジェンド堀口さんと真鍋BOSSはその前後で60分弱を2スティントに分けて合計4回のピットインで走りきりました。
20211128-IKINA_1420211128-IKINA_13
もうね・・セパハンでピーキーな2ストでテクニカルなミニバイクコースを走るのは老体には堪えますよ(汗、でもおかげさまでシニアクラス優勝!、皆さんの頑張りもあって昨年の3位から表彰台のてっぺんに登ることが出来ました(^^v

20211128-IKINA_1120211128-IKINA_10
祝勝会では来島海峡SAでトロフィーっぽい「来島太刀魚丼」と食すww、しかし生名サーキットってとてもアットホームで雰囲気良いですよね、ここから全日本に羽ばたいたトップレーサーも何人も居ますし(それ以上に速いヌシもいっぱい居ますw)、今回のレースも初心者歓迎ってて事で速い人は周りの様子をよく見ながら走っているもの関心します、今回は午前、午後ともに赤旗中断がありましたがこれを教訓に今後もよりよい参加型のレースを開催していって欲しいですね(^^

それでは今回もご協力頂いた皆さん、参加された皆さん、そして生名の管理人さんを含めスタッフの皆様大変お疲れさまでした。

■ 関連リンク
 生名サーキット ホームページ
 レースフォト集 byしま君
 

2021年 おちゃらけ原チャリレース徳島戦 優勝!

今年のお盆中はずっと雨でしたが明けて 8/22(日)に徳島カートランドで開催されたおちゃらけ原チャリレースは路面も乾いてくれて楽しく参加してきました、レースの趣旨的にレインタイヤは用意してなかったんで・・w

20210822MTM-13
今回はゼッケン75の KSR110とゼッケン79のグロムを各3人のライダーで2チーム6人体制で参戦です!

20210822MTM-0420210822MTM-02
実は朝から寝坊(^^;したけど30分遅れで皆と合流、無事に徳島カートランド入りしてピット設営です、今回はコロナ対策で県外ナンバーは下の駐車場にてって事でしたが広々取れてマッタリ感が滲み出てますw、そのぶんスプリントの徳島ミニバイクレースの観戦してないけど・・(マテ

20210822MTM-0520210822MTM-06
自分はおちゃげ初参加のグロムのオーナーと参加です、実はウケを狙って現役国際ライダーの助っ人と元国際ライダーの自分とでチーム編成しましたが2人共この日サーキットに着いて初めてグロムの乗りました(やる気あるんか?ww)、ともあれ2チームとも無事に車検を通過してレースに臨みます。

20210822MTM-1520210822MTM-08
今回は60分の午前午後の2ヒートの合計120分耐久レースです、3人体制なので一応一人20分走行の持ち回りでレース開始!、第1ライダーのグロムのオーナーが走り出したら性格が豹変してめちゃくちゃ頑張っているので、このままずっと走ってもらおうと思ってたんだけど一回転倒しててステップとシフトペダルの修正もあって普通にライダーチェンジとなりましたw

20210822MTM-1020210822MTM-07
ライダー交代して現役国際ライダーの走り!、この日初めて乗るグロムですが流石にスムーズにベストラインを走るので感心します!、ちなみに自分の走りの画像は誰も撮ってくれてないので有りませんが(^^; オーバー50歳の老体に鞭打って頑張って走りましたよ(グロムの腰高なポジションが慣れない・・

20210822MTM-1720210822MTM-18
KSR110のチームも春のカートランド四国戦では電装系のトラブルでリタイヤとなったのでまず最初にオーナーにノルマの20分を走ってもらいます。

20210822MTM-1120210822MTM-12
こちらも各ライダー20分のステイントで走っています、ただキャブセッティングが少し外れているのか乗りにくい感じだったようです、短い耐久レースですがドライバリティも大切ですね、それでも午前、午後共に転倒無く走りきりました!

20210822MTM-14
結果です!、なんと我らがゼッケン79のグロムチームが優勝!!、結果が出るまでオーナーの街乗りグロムは足回りがプァじゃとか直線のノビが悪いとか色々文句垂れてましたがw 結果的には優勝請負人?の国際ライダー2人も面目躍如となりました(おとなげ無いな・・、ゼッケン75のKSRチームは総合7位でしたが表彰台まで周回数では結構僅差なので健闘しました!

20210822MTM-01
チーム撮影!w、おちゃらけ原チャリレースはその名称からもガチなレースでは無く敷居も低くガレージレベルで参加して楽しみましょうという趣旨で開催されていますので、そういった趣旨を理解される方はぜひ一度参加してくださいね、それでは参加された皆さんお疲れさまでした(^^

おちゃらけ原チャリレース ホームページへのリンク
http://atelier-ohka.com/ochage/

HANGOUT 第2回 阿讃スポーツ走行会開催のお知らせ

ご案内が遅くなりましたが四国モタードフェスタの協催イベント、HANGOUT第2回 阿讃スポーツ走行会のご案内です。
ASAN_01
開催日時 2019年 7月21日(日)
場所 阿讃サーキット (徳島)
時間 午前8:00~12:00まで (受付は8:30頃までに来てください)
参加費など
 ■ 1人 5000円 + レース保険料
 ※ 午後の四国モタードフェスタ参加者は 2000円にて走行可
 ※ 今シーズン有効のレース保険に加入されてない方は別途 1850円必要です。
 ※ ご参加の方はガレージハングアウト店頭か郵送にて受け付けます。

 ■ エントリー用紙ダウンロード (pdf) (xlsx
 ※ 四国モタードフェスタのエントリー用紙はそちらのHPを参照してください。
 ※ どちらもガレージ・ハングアウト店頭でもご用意しています。
 
 ■ エントリー送付先
  〒761-0311
  香川県高松市元山町1257-1
  ガレージ・ハングアウト
  TEL/FAX 087-880-3422 (FAXは大丈夫ですが電話調子悪いです(汗
  e-mail matukawa@motor-tec.com (@マークは半角にしてください)

  エントリー締切は基本的に大会1周間前までと成っています
  参加をご検討されている人は早めにご連絡、エントリーください。

 ■ 走行内容など
  今回はエントリー状況を見て走行枠をこちらで分けます。
  参加台数によりますが 20分✕3回の合計60分ほどのフリー走行を予定しています。
  状況によりエキシビジョンイベントを開催するかも?

 ■ 走行車両、服装装備など
  参加するオートバイはよく整備されて、パーツの脱落など無いようにお願い致します。
  服装装備はフルフェイスヘルメットを基本着用でフル装備が望ましい。
  ですが、肌やくるぶしが露出しないツーリング装備でも走行可能です。

 ※ ハッキリ言ってとてもゆるーい走行会です、サーキット!!っと臆せずにご参加
  頂けると楽しさが倍増すると思います(^^
  前回大会のレポートへジャンプ


過去に行ったエキシビジョンスラローム大会・・
ASAN_05ASAN_03

ASAN_02ASAN_04
この時はモトロデオの故・高雄さんが協力してくれたので盛況に出来ましたが、今回はどうなるかな?、模擬レーススタートとかもやったけどあれもドキドキ出来たなw

実は当方ただいま高知出張につきまだハングアウトに帰れないのですが、早かったら来週くらいに戻ってまた店頭に出てるかもしれません、またその時はぜひ阿讃走行会の楽しさについてお話しましょう(^^

2019/6/9 徳島ミニバイクレース参戦レポ

6/9(日)は5年ぶりくらいに徳島ミニバイクレースに参加してきました、実は中学生の時に初めてバイクのレースというのに参加したのがこの徳島ミニバイクレースからです、あれからなにげに35年前・・(ブブ
190609TKL_10
職場のガレージハングアウトのオブジェGROMのHRCレーサーを借りての参戦ですが、昨年末のTEC-2さんの走行会と3月の第1戦にも一応参戦したのですがどちらもレインコンディションだった為、今まで気合い入れて乗った事が無いバイクです。
190609TKL_05190609TKL_04
しかし今回は快晴!、超絶久しぶりにドライ路面の徳島カートランドを走る事になったんだけど、マシンはホンマモンのGROM-CUPに出るために仕上げたので全く問題なく車検もクリア!
190609TKL_03190609TKL_06
車検スタッフも5年前どころかここ10年来変わってない面子で新鮮味はありません、いつ来ても一緒w、でも参戦しているライダーは一部を覗いて知らない人ばかりでこれは新鮮でした!(^^
190609TKL_02190609TKL_07
今回はスーパーメカニック(うちの長男)を召集したので少しだけ役に立ったかな、こういう時に全くの一人だといろいろ妥協する所が増えるので(^^;、まぁチーム員って大切ですね。
190609TKL_11190609TKL_19
朝一番のフリー走行でシートポジションとシフトペダルの位置が気になったのでペダルの位置だけでも調整して予選に挑んだら1速には入るけど2速から上に入らない(爆、正チェンジ派の自分はブーツが路面と挟まないようにするためレバー比を大きく変更したのが失敗でした、貴重な予選セッションでしたが再調整しつつ数周アタック出来て問題克服できたのでまぁ良し・・
190609TKL_22190609TKL_17
午前は無事に転倒せずにフリー走行と予選アタックが出来たところで午後まで休憩です、今回は近畿圏からの遠征組が多くて賑わってました、お昼は定番のカレーを頂きました(^^
190609TKL_08190609TKL_18
午後からの決勝レースは・・・レースといっても GROM-CUPクラスは自分一人だけ参加なので無事ゴールすれば優勝w、一緒に NSFトロフィーの選手2名と混走の合計3台だけの決勝ヒートとなりましたがホールショットを決めそのままトップゴール!、ぶっつけ本番でスプロケットもノーマルなのでどうなるかと心配してましたが、なんとかそれらしく走ってこれました(^^
190609TKL_14190609TKL_23
本日の一番盛り上がったのは FP4 という4ストスクーターの準改造クラス、近畿圏の猛者達もこのクラスに照準を合わせて参加されてます!
190609TKL_09190609TKL_13
以前からお世話になってる小井ファミリーの NSF100も半年ぶりの徳島ミニバイクレースだったそうです、それと4ミニクラスも楽しそうですね、一台このクラスのマシンも用意したいなぁ
190609TKL_15190609TKL_24
って事で一人だけの表彰台w、GROM-CAP のグラチャン戦は10月から11月へ変更になって茂木の北コースでの開催と聞いたけど参加権ゲットまでもう少し!

そして本日一番盛り上がっていたFP4クラスの表彰式。
190609TKL_16
実は10代の頃はノーマルスクーター(金銭的問題w)も丸2年以上結構本気でやってたので、このバトルを見るとムラムラしますね、でも今は体重が70Kオーバーなので体重別クラス作ってもらわないと難しいな(爆、その熱いレースはササダファクトリーさんの決勝動画を是非ご参照してくださいね(^^

それでは次回 7/7(日)はおちゃらけ原付き耐久レースと併催って事ですが、また参加出来たらと思いますので宜しくおねがいします。

HANGOUT阿讃スポーツ走行会 レポート

ブログの更新が少々遅れましたが(^^; 4月14日(日)は四国モタードフェスタのサポートイベント、HANGOUT阿讃スポーツ走行会を開催しました。
20190414ASAN_27
何故か天気予報ではこの日のみ雨マークが・・(^^;、でも天気図と雨雲レーダーを注視してギリギリ雨は降らないと予想して阿讃サーキットに向かいました。
20190414ASAN_0720190414ASAN_3920190414ASAN_1320190414ASAN_06
幸い朝には雨が降っておらず、予定していたスケジュールも走行時間を少し伸ばす方向で調整出来て走行会を開始することが出来ました。
20190414ASAN_2020190414ASAN_2120190414ASAN_4220190414ASAN_14
ツーリングクラスとミニクラスは混走にさせていただきましたが、コース上は特に混乱も無さそうで皆さん走っています、自走組みはもちろんスクーターからカブまでと多種に渡るバイクが集まってました。
20190414ASAN_1020190414ASAN_1220190414ASAN_4520190414ASAN_40
オープンクラスはモタードレーサーと分けての走行に、NS500カラーのNSR250を駆る堀口選手は15年位前からウチの阿讃走行会に毎回駆けつけてくれる超ベテランの峠小僧(峠オヤジ?w)、あのころ熱狂していたバリマシ世代のレーサーがまた集結してくれると良いですね(^^
20190414ASAN_3820190414ASAN_4420190414ASAN_4620190414ASAN_47
モタードクラスも午後のモタフェスの練習に結構な台数がエントリーしていただき、侵入ドリフトの豪快な走りで見る者を魅了します、ギャラリー参加がいまいちだったのですがまた見学だけでも来て頂けると幸いですね。
20190414ASAN_0920190414ASAN_0320190414ASAN_2420190414ASAN_19
我らが専属カメラマンのモリゾーさんも天気に負けず来てくださって、自分の熱き走り(5周くらいしか走ってないけどw)を撮ってくれました、ツナギを来て阿讃を走ったのは10年ぶりくらいだったかな?
20190414ASAN_3120190414ASAN_4320190414ASAN_2820190414ASAN_17
3クラス各2回の走行枠も大きなトラブルもなく終了する事ができました、各クラスのトップタイムの方には表彰させてもらいました、ミニクラス西原選手、モタードクラス高部選手、オープンクラス大島選手でした(^^
20190414ASAN_1820190414ASAN_1620190414ASAN_4820190414ASAN_49
表彰と共にベストタイム表を配らせて頂き、準備不足でいろいろグダクダ進行でしたがご理解ある皆さんのおかげで無事にHANGOUT阿讃スポーツ走行会を終了することが出来ました。

午後からはあいにく雨が降り出した四国モタードフェスタとなりましたが、アットホームな雰囲気でレースが進行していく様子を見るともっと多岐に渡ったエントラントを集めたいですね、微力ながら今後も協力していきたいと思います(^^

それでは次回は7月21日(日)の四国モタードフェスタ第3戦の時を予定していますので、また皆さん宜しくおねがいします、それでは今回ご参加ご協力頂いた皆さん大変お疲れ様でした、また有難うございました(^^