モーターテック・マツカワのご案内ブログ

通所「MTM」、四国の小さなバイク屋さんです。

カテゴリ: イベント参加

2018鈴鹿8時間耐久オートバイレス!、今年ももちろん観戦に行ってきましたよ。
というかブログ更新が昨年の8耐記事から更新されてませんでしたがw
20180729MTM-24
台風接近というか土日にかけて台風が通過していくという凄いシチュエーションとなった今年の8耐ですが、レースの方は土曜の4耐、日曜の8耐ともにドラマチックな内容できちんと成立してしまう凄い内容でした。

20180729MTM-0120180729MTM-0220180729MTM-05
土曜の4耐スタート頃はまだ雨が降っていたので少し遅れてサーキット入り、この時は4耐マシンもレインタイヤからドライタイヤに変更してラップタイムをどんどん上げていってました、天候のおかげでレース観戦は比較的涼しくて良かったのですが台風予防でイベントブースは殆ど片付けられていてレース外での盛り上がりは殆ど無い状態でした・・(^^;

20180729MTM-0820180729MTM-0920180729MTM-10
4耐は同姓の「松川」って選手がトップグループで好走されていて場内アナウンスから「松川!松川!」と連呼されていたのでなんかこっちが恥ずかしくなりましたw、午後からの8耐最終予選のトップ10トライアルを見てジョナサン・レイやっぱり速えなと思ってたら終了後の8耐前夜祭も台風接近のため夕方から開始って事で数十年ぶり(前回はTRFが生ライブしてたとき・・)に前夜祭のトークショーを見てきました、生ジョナサン・レイや生ケビン・シュワンツを拝ませてもらってありがたく感じましたw

20180729MTM-1120180729MTM-1220180729MTM-13
前夜祭トークが終了する頃に台風の予想進路通りに雨が降ってきました、本当は翌日に松山で用事があったのでこのまま帰路につく予定でしたが、そちらが台風接近でキャンセルとなったので車中泊で日曜の8耐も観戦することに!、鈴鹿市内をうろうろ回って夕飯と翌日のおやつを確保する頃には暴風雨になってましたが、日が変わってサーキット駐車場に戻ったら奇跡的に台風が抜けていって微妙な晴れ間も見えて幻想的でした。

20180729MTM-1420180729MTM-1520180729MTM-18
一夜明けて「台風どこいったの?」って感じで毎年のような鈴鹿8耐が始まりました、こんな天候でもバイクで鈴鹿にお伊勢参りに来られる方には毎年脱帽です、それと前日は片付けられていたブースも出ていて8耐本番開始!って感じになっていましたね(^^

20180729MTM-2320180729MTM-2220180729MTM-25
朝のフリー走行と8耐のスタート進行までは「夏!」って感じの空模様で気持ち良いですね、それと毎年サーキットの所々に居る「8耐女子」と勝手に呼んでるクソ暑い中なのに女の子1人でレース観戦している猛者にもチェックを入れつつ(犯罪?w)スタートを待ちますがレース直前のスコールでほぼ全車レインタイヤ装着っていうコンディションとなりましたが、スタートしてすぐにまたカラっと晴れて第1ステイントでドライに交換って事でレース序盤が始まりました。

20180729MTM-2720180729MTM-2820180729MTM-29
レース中は涼しいところを見つけつつ広大な鈴鹿サーキットの敷地内を探索します、といっても今年で34年連続で8耐来てるので探索することも少ないのですがw、例年居心地が良い場所を求めてさまよいます。

20180729MTM-3020180729MTM-3320180729MTM-34
今年は台風一過となって空気がきれいで積乱雲が凄くてとても夏っぽい青空が広がって、涼しいし屋外に居ても気持ちよかったですね。

20180729MTM-3620180729MTM-3720180729MTM-38
空がまどろむ日没の8耐ゴールは毎回感動的ですね、走っているライダー、チームもそうですが最後まで観戦しているお客さん達にもエールを送りたい!

20180729MTM-3920180729MTM-4020180729MTM-41
表彰式では世界耐久選手権で日本チームで初の年間総合優勝となったTSRさんや4連勝をもたらしたチームヤマハ、またそれに一歩も引くこと無く戦ったHRCやチームグリーンなどレースとしてはとても見どころがあったと思います(^^

20180729MTM-4320180729MTM-4420180729MTM-45
という事で2018年の鈴鹿8時間耐久レースは幕を閉じました、レース内容はとても良かったと思いますが、8耐の興行的には今回の台風の影響で色々なサブイベントの縮小で30年以上8耐に通っている僕が見てきた中では過去最も寂しい感じがしました、それでも台風直撃ルートの中で行った8耐イベントをちゃんと成立させてレースファンに感動をあたえてくれました!

また観客の中にはレース応援団としてかアジア諸国の海外の方々が今年は多く見受けられました、島国日本の環境から一歩踏み出すグローバルな観客層になりつつある感じもありましたね、来季はマレーシアでセパン8耐が開催されるとの事なので今後もっと世界中のファンで盛り上がっていくと思います。

それでは来年もまた鈴鹿8耐でお会いしましょう!、参加された全世界の皆さんお疲れ様でした(^^

MTMマツカワです、バイクの仕事はめっきり減ってますが(汗、今年も鈴鹿8時間耐久レースに行ってきました。
2016-8tai-05
今年の8耐ウィークは天気が良くて、当方が見に行った土曜、日曜とも8耐日和でしたね(^^
2016-8tai-152016-8tai-142016-8tai-022016-8tai-03
今年で連続32回目の8耐観戦ですが多分8耐の事だと語りだしたら1週間は語れると思うのでなんか記事欲しかったら連絡ださいw、そういえばウチの小学生の娘ももう8耐歴10年くらいなのでベテランの域になったかな?、それとオートバイの祭典とも呼ばれた8耐ですが今年は二輪駐車場を集中させたのか鈴鹿サーキットの真ん前の駐車場はバイクで埋まりきってて圧巻でしたね(^^
2016-8tai-062016-8tai-012016-8tai-042016-8tai-16
実は今年は新事業も始めたので8耐に行くかどうか迷っていたのですが、知人からチケットが回ってきたので、やはりこれは何かの運命かと思い行く事にしました・・・、と言いつつなんやかんやで行ってたと思いますがw、8耐も30年前にくらべたら駐車場の確保から場内の混雑具合も10分の1くらいに成っているのでレース観戦入門には最適かもしれません(暑さ以外は・・)、来年は鈴鹿8耐が世界選手権の最終戦として開催されるとの事なのでレース好きなら一度は行ってみましょう(^^
2016-8tai-072016-8tai-172016-8tai-082016-8tai-09
日陰の場所を確保出来たら昼間は体力を温存してラジオで実況聞きます、そして夕方からコースを見に歩きました、今年は過去もっとも日焼けしなかった8耐になったかな・・もっとも土曜の4耐は見ないで午後からの観戦でしたが(^^;
2016-8tai-102016-8tai-112016-8tai-122016-8tai-18
8耐のゴールはいつも感動的です、8時間走ったチームとライダー達も凄いですが朝から8時間以上(多分14時間くらい・・)一緒に観戦、応援していた観客の皆さんと一体になれる瞬間です!、この瞬間はテレビで見ているだけでは伝わらない強い何かを感じますね(^^
2016-8tai-13
と言うことで今年も8耐に参加された皆さんお疲れ様でした、レースの内容とかはネットや雑誌で調べたほうが詳しく書かれていると思うのでそちらに任せます、それではまた来年も宜しくお願いします!

※ヘルパー募集しているチームがあったらお手伝いするのでご連絡ください(一応国際ライダー・・)w

10/18(日)に予定していた秋の原付きツーリングは大変天気の良い秋晴れに恵まれ絶好のツーリング日和となりました。
151018-T13
自分自信でツーリングってもう「何年ぶり?」って感じでご無沙汰でしたがw、今回はグロム仲間5台とスーパーカブ、XLR80、エイプの合計8台が集まり、徳島の大歩危峡の所にあるラフティングでも有名な(バイク乗りの休憩場所でも有名ですね) west-west にある「もみじ亭」まで祖谷そばを食べに行くというのが今回の目的です。
151018-T01151018-T04151018-T05
実は日程だけは9月初旬に皆の休みの調整で決まっていたのだけど、自分が当日に地元のお祭りの準備の予定が入ったので正式アナウンスが遅れてしまったんです・・、その準備も午前中に何とか終わらせて(抜けだしてw)出発は正午とさせて頂きました(^^;
151018-T06151018-T07151018-T08
お昼からの出発でしたが初顔合わせの人も多かったので比較的ゆっくり走ったんですが原付きバイクでも1時間ちょっとで目的地に到着し、まったりと祖谷そばを賞味させて頂きました。
151018-T09151018-T10151018-T12
時間もまだ余裕があったので先頭を走kyokueiこと進藤氏が近くに「こなき爺」の伝説があるって場所があるというので行ってみました、おぉ水木しげる大先生公認の石像もあるぞ!、近くにいろいろ妖怪オブジェがあった怪しい雰囲気でした。
151018-T14151018-T19151018-T15
まだまだ予定より時間が有ったので山城町から新宮村へ抜ける道を通って「霧の森」まで行くことにしました、この辺りはあじさい祭りで有名なところなんですが今の時期でも少しあじさいが咲いていましたね。
151018-T18151018-T16151018-T17
霧の森までも30分そこそこで到着!、定番の抹茶ソフトを賞味してお土産にこれまた定番の霧の森大福を買って帰るというベタな流れになりましたw

そこからまた30分程で川之江まで抜けてきました、案外遠いイメージのルートでしたが原付きだと調度良い流れでスイスイ走れましたね、ここで解散って事で当方は夕方5時過ぎには帰宅出来ました、この位の距離ならまた行きますかね、本日は遠くから参加の方も居られましたがまた次回も都合がつけば宜しくお願い致します、お疲れ様でした(^^

MTMマツカワです、今年も行ってきました鈴鹿8時間耐久レース!
20150724-S8H-01
土曜、日曜と抜けるような青空の中、モートピア(鈴鹿サーキット敷地内の遊園地)名物のデンデン虫とも再会しレース観戦をエンジョイしてきました。
20150724-S8H-3320150724-S8H-0320150724-S8H-0220150724-S8H-08
土曜の朝に毎年陣取っている観覧車下のテントスペースにテント設営して少し物販と展示スペースを見に行きます、ちょうどケーシー・ストーナーがトークする場面に居合わせたので炎天下の中、生ケーシーを堪能しました、ケーシーは残念ながら決勝で激しい転倒を喫してリタイヤとなりましたが予選トップ10トライアルで見せたその走りは今となっては戦闘力の劣るCBRで驚異的なタイムを出したのをこの目でしかと見させてもらいました(^^)
20150724-S8H-0420150724-S8H-0520150724-S8H-0620150724-S8H-07
ヤマハのブースではM1と新型R1に跨がれるコーナーがあったので長男と一緒にシート合わせw、新型のR1は確かに小さくてヘタすると昔の2ストクォーターよりコンパクトかも、これで200ps近いパワーなら速いはずですね!
20150724-S8H-0920150724-S8H-1120150724-S8H-1220150724-S8H-17
今年のピットウォークは土曜の分しか入手出来なかったんだけど くまモンにも遭遇したしエヴァガールズも見れてよかった。
20150724-S8H-3220150724-S8H-1320150724-S8H-2420150724-S8H-15
レースの裏方を感じ取れるピットウォークは是非参加したいですね、もちろんパドックパスが有れば申し分ないですがピットウォークの限られた時間でチェックするのも醍醐味ですw
20150724-S8H-2320150724-S8H-2820150724-S8H-2920150724-S8H-21
それとレース見るだけならテレビ中継見たほうが解りやすくていいです、現地では実況放送もマシンの爆音でほぼ聞こえないので何が何だか解りませんw、まぁFMラジオで実況チェックしてたら大体は把握できますが鈴鹿に来てる人でラジオ聞いてるのは1%くらいじゃないかな・・つまりレースを見に来ているのではなく「レースを感じに来ている」人が大多数を占めています!
20150724-S8H-3420150724-S8H-3520150724-S8H-3720150724-S8H-38
ヘアピン内側にたたずむストーナーのマシン・・今回の8耐ではここで同じような激しい転倒が4回あったようで路面等の見直しがされるかもしれませんね。
20150724-S8H-4120150724-S8H-4220150724-S8H-4520150724-S8H-46
そして今年は終日天気も良かったので西コースの最果て・・スプーンカーブまで観戦に行ってきました、ヘアピンを抜けると売店も自販機も無いのでここまで来て見ている連中はかなりの変態・・強者ですねw
20150724-S8H-4720150724-S8H-4820150724-S8H-4920150724-S8H-50
一緒に行った友人のお義父さんも今年で3年目の観戦です、特に応援しているチームとかライダーとか名前も知らないようですが、この方も8耐から何かを感じ取る為に真夏の過酷な環境の中ですが来ているのでしょう、もちろん観戦している殆んどの方たちも同じ心境でしょうね(^^
20150724-S8H-5120150724-S8H-5220150724-S8H-5320150724-S8H-55
8耐ではゴールと共に表彰式の前にコースが開放されて皆で表彰式を祝います、皆さん同じ感情でレースを見守っていた人達なので感動もひとしおです!、今年はヤマハワークスの本気度が見事に炸裂して中須賀選手悲願の優勝となりました。
20150724-S8H-5620150724-S8H-5720150724-S8H-5820150724-S8H-59
思えば初めて8耐を見に来た1985年のテック21、平/ケニー・ロバーツ組の本気のヤマハを見て以来、毎年かかさずこの地に来ていますが未だに色褪せない魅力を感じます。

それではまた来年も見に行きますかね、8耐に参加された全ての皆さんお疲れ様でした(^^)

MTMマツカワです。

今年も鈴鹿8耐の季節が迫ってきましたね、今年はケーシー・ストーナーの参戦やヤマハワークス、それにキヨナリがチーム・カガヤマのスズキのマシンで出場とか見どころ満載です。

と言う事で真夏はやはり耐久レース!、このクソ暑いのに全身フル装備でバイクに乗って耐久レース・・・って良いですね~!w

MTMでも下記の2レースにエントリーの予定です。

7月19日 松山オートランド エコ☆タイ
 ・案内ページ http://ameblo.jp/ehime-mal/entry-12039301705.html
2949

8月30日 瀬戸内海サーキット クルーズイン
 ・案内ページ http://hotlap.jp/crusein2015.html

クルーズインでは来週7月14日(火)の午前中に普段は走行出来ない瀬戸内海サーキットの練習走行日となっています、平日ですが参加費4000円で参加される人は事前に連絡下さいとの事ですので運営のファーストギヤさんへご連絡下さい  089-906-7574
img_035

そんでMTMの参戦状況ですがまだライダーすら決まっていませんw、我こそはと言う人が居たらウチにも連絡くださいね(^^;

このページのトップヘ