MTMバイクブログ

四国の小さなバイク屋さんモーターテック・マツカワです。

イベント参加

2022鈴鹿8耐観戦レポート

MTMマツカワです、当ブログ恒例の8耐観戦レポートの季節がやってまいりました!

今回はコロナ禍の影響で3年振りの開催となった鈴鹿8耐ですが例年より少し涼しくて(ほんのちょっとだけw)、終日コースで観戦してました(^^

2022-8H-07
今年はコロナ禍の影響もあって土曜の4時間耐久、日曜の8時間耐久ともにエントリー数は少なめでしたが、それでも待ちに待った熱い8耐には変わりません、今年もいろいろなドラマが生まれましたね。

2022-8H-042022-8H-06
土曜は体調不良(^^;でちょっと遅れて11時頃に鈴鹿入り、朝の4耐スタート時はウェットでレインタイヤだったそうだけど、途中でドライに交換したそうです、そして4耐のウィナーは昨年当方も出場していた生名サーキットの耐久に参加してた松岡玲選手がトップチェッカーを受けました!、すごい!、おめでとうございます!

2022-8H-102022-8H-11

2022-8H-092022-8H-12
午後からはイベントスペースをウロウロ・・、タイヤ交換を一瞬で終わらせるペンタゴンシステム(今は言い方違うらしい?)がどうなっているのかヨシムラの展示車の間近で観察するも良く解らずw、しかしなんちゅう太さのタイヤなんじゃ!!

その後の8耐の最終予選のトップテントライアルは路面温度が上がらず(30度ちょいってアナウンスされてた)、真夏用のタイヤのグリップが懸念されたそうで通常の掲示予選方式に変更されたけど、各チーム1周目からぶっ飛ばす!!、ゼッケン33番のHRCの長島哲太選手が文句無しの2分4秒台の驚異的なタイム(もちろんコースレコード)を叩き出して見てる方も鳥肌立ちましたね(^^

2022-8H-182022-8H-19
夜のナイトピットウォークも人で一杯だったんだけど、人垣のスキを見て激写w、一瞬で撮るのでスマホのカメラではこのくらいが限界かな(^^;


一夜明けて日曜の8耐決勝は第一コーナー側から観戦!、もう30年以上8耐に通ってる自分は観戦ポイントとか隅々まで網羅しているのでチケットも一番安い自由席券だけで終日楽しめますw
2022-8H-202022-8H-13

2022-8H-05
2022-8H-14
8耐を自由席で観戦するにはまずは日焼け対策です、今年はスタート前はまだ少し曇っていだけど、例年だと11時30分のスタートまでに日焼けして火傷状態になるのでTシャツ短パンで行く人は注意してくださいね、自分達夫婦は8耐じゃなかったら非常に怪しまれそうな出立です(^^;;

2022-8H-152022-8H-16
スタート後は2コーナー側だと全く日陰がないのでS時から逆バンク方面の木陰のあるところに移動します、今年は観客もすし詰め状態では無かったので逆バンクの巨大看板の影に観戦者みんなでちょっとづつ移動しながら見てましたよww

2022-8H-172022-8H-21
お昼も過ぎて雲も無い灼熱の鈴鹿サーキットに・・・逆バンクの日陰もなくなってきたので、ぐるっと回ってグランドスタンド裏の売店で遅めの昼食、なんか肉耐ってのやってたんで頑張って5枚集めたよ(イベント価格でサイフががが・・

2022-8H-232022-8H-22
お土産買ったりなんだかんだでゴールまで2時間切ったくらいでグランドスタンド横に移動・・、雲も出てきて涼しくなっては来たけど夕立が来そうな感じでしたが皆の熱気のせいか最後まで雨は降りませんでした(^^

そして感動のゴール・・まぁ自分はオーロラビジョンを見つつまったりしてるんですがねw
2022-8H-242022-8H-02
表彰式を祝うためにみなんでコース内に移動!、表彰台での選手インタビューはどれを聞いてもドラマを感じる感動ものです、これはテレビ観戦では味わえない感じでしょう、毎回言ってますが8耐は観るんじゃなくて感じるものなんですよ(^^

2022-8H-01
極めつけは最後のカウントダウンからの打ち上げ花火でしょう!、ここまで来たら皆さんもう8耐の虜ですよ、写真に写っているように観戦者全員がその感じに感染していることでしょう(上手いこと言った?w

2022-8H-262022-8H-25
あとはワラワラと帰るのみ、ここで急いでも駐車場から出るのも混んでて1時間くらいは掛かるので急がすゆっくりとw、それでは皆さんまた来年も鈴鹿でお会いしましょう!!(^^

11/1(日) このひざ4~完~ 走行会レポート

11月1日(日)は愛媛県二輪車交通公園で「いよかんR」さん主催の「この素晴らしい膝擦り天国に祝福を」・・通称このひざ~完~に参加してきました。

このヒザ4-06
~完~って成ってるけど今年(2020年)は今回で4回の開催となりましたが今年はこれで終わりって事で来年以降も開催してくれるそうです(^^

このヒザ4-07このヒザ4-18
当日は秋晴れで天気も良くて終日マッタリとした雰囲気で楽しめましたね、ウチからはこの間 YZF-R1Mを峠で廃車にした(爆) ホルヘ井下君と最近妙に連るんでいる鉄人西原さんと顔を出してきました。

このヒザ4-08このヒザ4-09
首謀者・・・主催者のよっ菌さんとシマ君の挨拶から始まりました、彼らはボクから丁度一世代、二世代ほど若いのですがこういうイベントを利益目的で無くやってくれるので関心しますね、さらに彼らに続く世代が現れることを期待しています(^^

このヒザ4-01このヒザ4-03
レッツ4のランデブー走行、黄色はうちのレッツ戦隊用(出場したこと無いけどw)のマシンでタイヤはハイグリップです、後ろの黒色はこの走行会で知り合った よーすんさん、二人とも人の良さが滲み出ている連中ですね、うむ・・特に身体の太さに滲み出ている(ラーメン食いすぎやな・・

このヒザ4-05このヒザ4-04
お昼休みのジャンケン大会!、意図したわけでは無いですが景品にBSのTシャツを持っていったので当たった方と記念撮影w、ジャンケン大会って自分主催のミニ四駆の大会で結構ノウハウあるので次回はもっと満遍なく当たるように采配してもらおう!(ちょっと偏っていたw

このヒザ4-10このヒザ4-12
大きいバイクも走ってます、午後からCB1300SFの方もバリバリ走ってて迫力ありましたよ、それから8の字大会が始まりました、全く自信はなかったのですがこういうのは参加して経験値を高めておかないと!、実はルールがいまいち解ってなかったけどw

このヒザ4-13このヒザ4-14
自分の番の走り!、このパイロンギリギリの膝擦りは芸術的やな・・買い物仕様のレッツ4がレーシングマシンに見えるぜww、とかいいつつ5周回のカウントが走ってたら全く判らなかったのでかなり余分に走った上でのベストショットですが(^^;

このヒザ4-19ヒロケスこのヒザ4-19マルケス
本来の趣旨のヒザ擦りを超越したヒジ摺り!!、マルク・マルケス以上のバンク角なのでこれからはマツッカワ・ヒロケスに改名しよう
 ・
 ・
 ・
このヒザ4-15このヒザ4-17
いや、解っていたとは思うけどコケてました・・、今年まだ4回しか着ていないツナギに傷ががが・・ww

このヒザ4-02
って事で今日だけで1年分くらいヒザ擦ったので満足しました、NSR50も持って行ってたけど一回乗っただけで二輪公園のレイアウトでは疲れるのでほとんど走りませんでした(爆

手持ちの画像の関係であんまりヒザ擦り写真ありませんが、主催者からまた公式に画像公開されると思います、それとヒザ擦りって難しいと思っている人も多いかと思いますが的確なレクチャーがあれば1時間ほど練習すれば誰でも出来るように成ると思います。

また良かったらこういうクローズドな施設とかなら練習に付き合います(^^、ヒザを擦ると実はバンク角を抑えられるので走っていて安心度が上がります、あとなんと言っても気持ちイイので興味の有る方は次回の「このひざ」に是非参加しましょう!

それでは皆さんお疲れさまでした(^^


 

2019 鈴鹿8耐観戦レポート

遅ればせながら今年も8耐観戦に行ってきました、いろいろバタバタしてまして遅くなりましたがお盆休暇を利用して何とかブログ更新にw
20190818MTM_02
今年の鈴鹿8耐にはあのテック21ヤマハが復活すると言うことで大変楽しみにしていましたが8耐の10日程前(四国モタフェス前)にウチの親父が余命一週間と宣告を受けまして(汗)、今年は8耐どころでは無いと思っていたのですが・・
20190818MTM_0120190818MTM_08
その親父も宣告通り8耐直前に亡くなりまして8耐前日の土曜に葬儀も終わって少し運命的な衝動にかられて数日間ほとんど寝てないけど翌日曜の8耐に行ってきました、実は今を去ること34年前に初めてテック21ヤマハが8耐参戦した年から連続34年皆勤賞で8耐に行ってまして、その初めての8耐にウチの親父が当時はまだ瀬戸大橋も山陽自動車道も出来てなかった時代に車をかっ飛ばして連れて行ってくれてから現在に至ります、なのでその時に特に衝撃だったテック21ヤマハとは色々思い出深い記憶があります。
20190818MTM_0520190818MTM_11
今回は仕事の都合などいろいろ微妙だったので事前にはチケットは買っていなかったんですが行く道中にローソンチケットでサクっと購入w、ナビゲーターの長男は事前にヤング0円キャンペーンに申し込んでおいたので入場無料!、とまぁ色々と都合の良すぎる流れで無事に鈴鹿サーキットへチェックイン出来ました。
20190818MTM_0320190818MTM_06
入場して場所取りしたあとに何か記念にテック21グッズをとブースを見に行きましたが当時のスポンサーの資生堂との版権の都合なのかテック21グッスは何も売ってませんでした(^^;、でも撮影用のマシンに跨ることが出来たのでまぁいいかなw、そのごサーキットをさまよっていたら奇跡的に知り合いと遭遇!、もうこの辺りで本日のミッション終了ってくらいお腹いっぱいでした。
20190818MTM_0920190818MTM_10
レースの方は今年は日陰エリアが取れなかったので1コーナーの方からスタートを見てました、東コースをぐるっと一周して場所取りしていた観覧車前の観戦エリア(無料!)まで戻ってきましたが昼過ぎにあまりの暑さに一旦車に戻ってクーラー付けて涼もうと決断w
20190818MTM_0420190818MTM_07
ただ今年は近くの駐車場が取れなかったので30分以上歩いて駐車場に戻ったときにはもうサーキットに戻る気力もなく、翌日も早朝から高知で仕事のためゴール後の花火まで見ることなく帰路につくことにしました、花火見なかったのは20年ぶりくらいかな・・少し残念だけど生命の危険を感じたので決断しましたw

鈴鹿市内では地元のラジオ局が場内放送をしてくれいてるので高速に乗る手前くらいまではラジオ聞いててサーキット場内に居る気分でしたが残念ながらゴールする頃には聞こえなくなってましたが途中スマホで調べていたらテック21ヤマハは優勝と流れてきました、いろいろあってカワサキが逆転優勝となりましたが自分の中では復活したテック21ヤマハが表彰台の真ん中に立つというのは凄い感銘的な内容でした。

今年は親父の件もあって鈴鹿8耐連続観戦記録が途絶えるかと思いましたが、これも何かの縁なのか継続することが出来ました、レースを見るだけならテレビ中継のほうが100倍よく分かると思いますが、8耐は現地で見ている方にもいろいろ凄いドラマがあって記憶に残ると思います、という訳でまた来年からも続けて行けるように頑張りたいと思います(^^

2018 鈴鹿8耐観戦レポート

2018鈴鹿8時間耐久オートバイレス!、今年ももちろん観戦に行ってきましたよ。
というかブログ更新が昨年の8耐記事から更新されてませんでしたがw
20180729MTM-24
台風接近というか土日にかけて台風が通過していくという凄いシチュエーションとなった今年の8耐ですが、レースの方は土曜の4耐、日曜の8耐ともにドラマチックな内容できちんと成立してしまう凄い内容でした。

20180729MTM-0120180729MTM-0220180729MTM-05
土曜の4耐スタート頃はまだ雨が降っていたので少し遅れてサーキット入り、この時は4耐マシンもレインタイヤからドライタイヤに変更してラップタイムをどんどん上げていってました、天候のおかげでレース観戦は比較的涼しくて良かったのですが台風予防でイベントブースは殆ど片付けられていてレース外での盛り上がりは殆ど無い状態でした・・(^^;

20180729MTM-0820180729MTM-0920180729MTM-10
4耐は同姓の「松川」って選手がトップグループで好走されていて場内アナウンスから「松川!松川!」と連呼されていたのでなんかこっちが恥ずかしくなりましたw、午後からの8耐最終予選のトップ10トライアルを見てジョナサン・レイやっぱり速えなと思ってたら終了後の8耐前夜祭も台風接近のため夕方から開始って事で数十年ぶり(前回はTRFが生ライブしてたとき・・)に前夜祭のトークショーを見てきました、生ジョナサン・レイや生ケビン・シュワンツを拝ませてもらってありがたく感じましたw

20180729MTM-1120180729MTM-1220180729MTM-13
前夜祭トークが終了する頃に台風の予想進路通りに雨が降ってきました、本当は翌日に松山で用事があったのでこのまま帰路につく予定でしたが、そちらが台風接近でキャンセルとなったので車中泊で日曜の8耐も観戦することに!、鈴鹿市内をうろうろ回って夕飯と翌日のおやつを確保する頃には暴風雨になってましたが、日が変わってサーキット駐車場に戻ったら奇跡的に台風が抜けていって微妙な晴れ間も見えて幻想的でした。

20180729MTM-1420180729MTM-1520180729MTM-18
一夜明けて「台風どこいったの?」って感じで毎年のような鈴鹿8耐が始まりました、こんな天候でもバイクで鈴鹿にお伊勢参りに来られる方には毎年脱帽です、それと前日は片付けられていたブースも出ていて8耐本番開始!って感じになっていましたね(^^

20180729MTM-2320180729MTM-2220180729MTM-25
朝のフリー走行と8耐のスタート進行までは「夏!」って感じの空模様で気持ち良いですね、それと毎年サーキットの所々に居る「8耐女子」と勝手に呼んでるクソ暑い中なのに女の子1人でレース観戦している猛者にもチェックを入れつつ(犯罪?w)スタートを待ちますがレース直前のスコールでほぼ全車レインタイヤ装着っていうコンディションとなりましたが、スタートしてすぐにまたカラっと晴れて第1ステイントでドライに交換って事でレース序盤が始まりました。

20180729MTM-2720180729MTM-2820180729MTM-29
レース中は涼しいところを見つけつつ広大な鈴鹿サーキットの敷地内を探索します、といっても今年で34年連続で8耐来てるので探索することも少ないのですがw、例年居心地が良い場所を求めてさまよいます。

20180729MTM-3020180729MTM-3320180729MTM-34
今年は台風一過となって空気がきれいで積乱雲が凄くてとても夏っぽい青空が広がって、涼しいし屋外に居ても気持ちよかったですね。

20180729MTM-3620180729MTM-3720180729MTM-38
空がまどろむ日没の8耐ゴールは毎回感動的ですね、走っているライダー、チームもそうですが最後まで観戦しているお客さん達にもエールを送りたい!

20180729MTM-3920180729MTM-4020180729MTM-41
表彰式では世界耐久選手権で日本チームで初の年間総合優勝となったTSRさんや4連勝をもたらしたチームヤマハ、またそれに一歩も引くこと無く戦ったHRCやチームグリーンなどレースとしてはとても見どころがあったと思います(^^

20180729MTM-4320180729MTM-4420180729MTM-45
という事で2018年の鈴鹿8時間耐久レースは幕を閉じました、レース内容はとても良かったと思いますが、8耐の興行的には今回の台風の影響で色々なサブイベントの縮小で30年以上8耐に通っている僕が見てきた中では過去最も寂しい感じがしました、それでも台風直撃ルートの中で行った8耐イベントをちゃんと成立させてレースファンに感動をあたえてくれました!

また観客の中にはレース応援団としてかアジア諸国の海外の方々が今年は多く見受けられました、島国日本の環境から一歩踏み出すグローバルな観客層になりつつある感じもありましたね、来季はマレーシアでセパン8耐が開催されるとの事なので今後もっと世界中のファンで盛り上がっていくと思います。

それでは来年もまた鈴鹿8耐でお会いしましょう!、参加された全世界の皆さんお疲れ様でした(^^

2017 鈴鹿8耐観戦レポート

MTMマツカワです、昨年の9月からここのブログを更新してなかったんだけど個人的に年中行事の鈴鹿8耐のレポートだけは書いておこう!
20170730MTM-21
今年の鈴鹿8耐は2016-2017 FIM世界耐久ロードレース最終戦として組まれて、また第40回の節目となる大会でした。
20170730MTM-0820170730MTM-1820170730MTM-20
ゲートを潜って行くとあの超有名漫画家さんがデザインした各レーサーのポップがずらり!、前日の4耐は寝坊して遅れて着いたので8耐の最終予選となるトップ10トライアルを1コーナー側からゆっくり拝見してました、前日なのでスタンド席はまだまだ閑散としてますね。
20170730MTM-0920170730MTM-10
なんで寝坊したかというと前日の金曜日は次男の高校見学で早朝から反対方向の宇和島市の方へ行ってたから・・おかげて途中で仮眠してたら朝が来てた(^^;;、そして名神高速は15キロの渋滞との事だったので久しぶりに西名阪経由で鈴鹿まで行ったので途中で「いがハンバーガー」を食します。
20170730MTM-1120170730MTM-12
ついでに食べログw、昨年から気になっていた「伊予製麺」・・・本土の方は「さぬき」も「伊予」も同じ感覚なんでしょうね?、お店のシステムと味はほぼ「丸亀製麺」って感じで美味しかったですよ、余談ですが丸亀製麺は香川じゃなくて兵庫が発祥地ですw
20170730MTM-1320170730MTM-14
こちらは赤福氷、カキ氷に伊勢名物の赤福餅が入ってるアレですね、炎天下の真夏日だとこれほど涼の取れるものはないのですが食べたのは思い切り曇り空の8耐当日でした(^^;
20170730MTM-1520170730MTM-16
2日間も鈴鹿サーキットに居ると無性にお米と肉が食べたくなります、そんな中でお勧めはこちらの焼肉ランチでしょう、ボリュームもバッチリで夏バテを吹き飛ばします!
20170730MTM-0120170730MTM-0320170730MTM-05
今年はM1のポジション合わせとキング・ケニーに合ってきました!、もちろんエヴァガールズもチェック済です、と言いつつあんまりイベントブースは回らなかったんだけどね。
20170730MTM-3620170730MTM-2420170730MTM-25
翌日曜の8耐決勝日は流石にお客さんも多数入ってました、聞くところによると日曜だけで7万人の集客があったそうなのでここ何年かの8耐では一番多かったんじゃないかな?
20170730MTM-2620170730MTM-2720170730MTM-28
朝から天気が悪くていつ雨が降ってきてもおかしくない!って天候でしたが奇跡的に決勝では雨は降らず、蒸し暑さはあるものの照りつける太陽は無かったので皆さんいろいろ移動して観戦していたみたいです、サーキットでは移動して観戦するのが醍醐味ですからね(^^
20170730MTM-2920170730MTM-3020170730MTM-31
8耐レース終盤のトワイライトゾーンに突入!照明の感じが幻想的で良いですね~、その終盤にペースカーが入って2位、3位争いにドラマが・・、人生と同じで順風満帆では無いんですよね、優勝したヤマハは別だけどw
20170730MTM-3420170730MTM-3320170730MTM-35
と言う事で表彰式と最後の花火の打ち上げまで観てきました、このあたりの時間になると「来年はどんなドラマが見れるんだろう」と思い始めます、もちろん来年も行きますよ(^^

あと8耐も海外でも中継されるようになって世界的にも注目されてるレースです、レジェンドライダーと若手の登竜門的なレースが展開されるので贅沢なレース内容となってます、また日本でも現地に行かなくてもテレビで見れますしね。

ちなみに現地ではよほどのレース通でなければ誰がどこを走っているのかも解らないし、マシンの走っているのが見れるのは米粒サイズで一瞬ですし、エキゾーストノートの爆音で場内放送はおろかサーキットラジオですら聞き取れません、じゃあ何で鈴鹿まで行くの?って聞かれたら現地で8耐を体験する(あえて観るとは言わない)のは何ていうか「魂を奮い立たせる」ような感じがするからです。

こういった気持ちと感動が人生を楽しくさせますね、レースの世界にはそういったものが詰め込まれていると思います、また興味があれば色々出向いてみましょうね!、それでは8耐に携わった世界の皆さんお疲れ様でした(^^