MTMスタッフブログ

四国の小さなバイク屋さんから発信しています。 http://www.motor-tec.com

カテゴリ: スタッフブログ

MTMマツカワです、昨年の9月からここのブログを更新してなかったんだけど個人的に年中行事の鈴鹿8耐のレポートだけは書いておこう!
20170730MTM-21
今年の鈴鹿8耐は2016-2017 FIM世界耐久ロードレース最終戦として組まれて、また第40回の節目となる大会でした。
20170730MTM-0820170730MTM-1820170730MTM-20
ゲートを潜って行くとあの超有名漫画家さんがデザインした各レーサーのポップがずらり!、前日の4耐は寝坊して遅れて着いたので8耐の最終予選となるトップ10トライアルを1コーナー側からゆっくり拝見してました、前日なのでスタンド席はまだまだ閑散としてますね。
20170730MTM-0920170730MTM-10
なんで寝坊したかというと前日の金曜日は次男の高校見学で早朝から反対方向の宇和島市の方へ行ってたから・・おかげて途中で仮眠してたら朝が来てた(^^;;、そして名神高速は15キロの渋滞との事だったので久しぶりに西名阪経由で鈴鹿まで行ったので途中で「いがハンバーガー」を食します。
20170730MTM-1120170730MTM-12
ついでに食べログw、昨年から気になっていた「伊予製麺」・・・本土の方は「さぬき」も「伊予」も同じ感覚なんでしょうね?、お店のシステムと味はほぼ「丸亀製麺」って感じで美味しかったですよ、余談ですが丸亀製麺は香川じゃなくて兵庫が発祥地ですw
20170730MTM-1320170730MTM-14
こちらは赤福氷、カキ氷に伊勢名物の赤福餅が入ってるアレですね、炎天下の真夏日だとこれほど涼の取れるものはないのですが食べたのは思い切り曇り空の8耐当日でした(^^;
20170730MTM-1520170730MTM-16
2日間も鈴鹿サーキットに居ると無性にお米と肉が食べたくなります、そんな中でお勧めはこちらの焼肉ランチでしょう、ボリュームもバッチリで夏バテを吹き飛ばします!
20170730MTM-0120170730MTM-0320170730MTM-05
今年はM1のポジション合わせとキング・ケニーに合ってきました!、もちろんエヴァガールズもチェック済です、と言いつつあんまりイベントブースは回らなかったんだけどね。
20170730MTM-3620170730MTM-2420170730MTM-25
翌日曜の8耐決勝日は流石にお客さんも多数入ってました、聞くところによると日曜だけで7万人の集客があったそうなのでここ何年かの8耐では一番多かったんじゃないかな?
20170730MTM-2620170730MTM-2720170730MTM-28
朝から天気が悪くていつ雨が降ってきてもおかしくない!って天候でしたが奇跡的に決勝では雨は降らず、蒸し暑さはあるものの照りつける太陽は無かったので皆さんいろいろ移動して観戦していたみたいです、サーキットでは移動して観戦するのが醍醐味ですからね(^^
20170730MTM-2920170730MTM-3020170730MTM-31
8耐レース終盤のトワイライトゾーンに突入!照明の感じが幻想的で良いですね~、その終盤にペースカーが入って2位、3位争いにドラマが・・、人生と同じで順風満帆では無いんですよね、優勝したヤマハは別だけどw
20170730MTM-3420170730MTM-3320170730MTM-35
と言う事で表彰式と最後の花火の打ち上げまで観てきました、このあたりの時間になると「来年はどんなドラマが見れるんだろう」と思い始めます、もちろん来年も行きますよ(^^

あと8耐も海外でも中継されるようになって世界的にも注目されてるレースです、レジェンドライダーと若手の登竜門的なレースが展開されるので贅沢なレース内容となってます、また日本でも現地に行かなくてもテレビで見れますしね。

ちなみに現地ではよほどのレース通でなければ誰がどこを走っているのかも解らないし、マシンの走っているのが見れるのは米粒サイズで一瞬ですし、エキゾーストノートの爆音で場内放送はおろかサーキットラジオですら聞き取れません、じゃあ何で鈴鹿まで行くの?って聞かれたら現地で8耐を体験する(あえて観るとは言わない)のは何ていうか「魂を奮い立たせる」ような感じがするからです。

こういった気持ちと感動が人生を楽しくさせますね、レースの世界にはそういったものが詰め込まれていると思います、また興味があれば色々出向いてみましょうね!、それでは8耐に携わった世界の皆さんお疲れ様でした(^^

MTMも春から新しく手がけたミニ四駆事業の方で手一杯ですが、夏を終えて涼しくなってきたので少しバイク業の方も仕事入ってきてます(^^
20160914-MTM01
本来の予定ではバイク整備は以前の土居ガレージで行う予定でしたが、ミニ四駆の方だけで一日10時間くらい毎日お店やっているので中々両方を行き来するのは時間的に難しく、バイクの方もほぼミニ四駆のお店でまかなっています(^^;
20160914-MTM0620160914-MTM1420160914-MTM12
と言うことでバイク整備は車検とタイヤ&オイル交換がメインです、お店の入り口が狭くて先日預かったイントルーダー1500を店内に入れるのは奇跡が必要でしたがw、無事にオイル交換、タイヤ交換も出来ました。
20160914-MTM0920160914-MTM1020160914-MTM13
こちらのカブは前後ブレーキシューの交換と少し軽整備です、場所が無いのでミニ四駆のコースの傍らでやってましたw
20160914-MTM0320160914-MTM0420160914-MTM05
車検で預かった昭和の時代のGPZ750Rはブレンボのキャリパーサポートのネジが噛みこんでてネジ山がボロボロになっていたのでヘリサート加工(外注ですw)、また色々ヘタリが出ていてクーラントのサブタンクに繋がるホースからお漏らし・・、取り敢えずインシュロックでごまかし(マテ
20160914-MTM0720160914-MTM0820160914-MTM15
こちらのZRX1100も車検です、大型二輪ブームも過ぎ去ってここ何年かは車検毎の2年で5000km未満ほどしか走っていないバイクばかり(ヘタすると1000Kmも走ってないのバイクばかりです・・・)なので中々油脂類の交換もままならないのですが先の先のGPZ750Rの事もあるのでクーラントも交換!、それと自転車のパンク修理とかもやってます。

とはいえ現状はミニ四駆のお店の片隅でやっているのでバイクは基本預り整備となります、そのため飛び込みで来られても対応出来ないかもしれませんので悪しからず(^^;;

と言うことで今日も平和な一日でしたw

MTMです、7月に入って連日30度を超える気温に成りましたね、まだ梅雨時期なので少し雨でも降ってくれてるとまだ耐えれるのですが、ピーカン照りだとエアコン壊れているのでお店も湯立ちますw
20160711MTM-08
そして自立するバイク用のタイヤ・・・最近はドラッグマシンが流行っているのかな?
20160711MTM-0720160711MTM-09
いえいえ鉄人さんのグロムのタイヤです、TT93GPも鉄人さんの手にかかればスポーティタイヤから四輪用タイヤになりますねw、と言う事でライフも考えて本来希望されていたIRCのMB-67に交換です。
20160711MTM-1020160711MTM-11
と言う事でハンドパワーでサクっと交換、マシンはよく見るとフロントホイールはNSR50の物にスワップされていますね、交換頻度が高いので出来ればスペアホイールが必要な鉄人さんのグロムでした!

それとこちらは・・・
20160711MTM-0620160711MTM-04
見た目は小奇麗ですがタンクの中はサビサビでキャブは完全固着状態・・(汗
20160711MTM-0220160711MTM-03
実は4月から預かっている某マシン・・・4年間乗ってなかったみたいで結構手強いです・・はたして治るかな?(^^;;

現在は5月のゴールデンウィーク前に新規オープンしたMTM-HOBBYっていうミニ四駆ショップの方でバイクの整備も若干ながら受け付けています。
mtm-moto0609-04
そしてこの度とべ動物園とコラボしましたのでご案内・・・、いえ松山からのお客さんがポスター貼ってくださいって事でまだまだ店内寂しいので喜んでポスター貼らせてもらいました(^^
mtm-moto0609-03mtm-moto0609-07
そのお客さんのバイクは最近はめっきり走行距離の伸びなくなった(^^; 国内最終型の GPZ900R ですがオイル交換にはしっかり来てくれます、ウチは密かに NUTECスペシャルショップなのですが、最近は高級チューニング用オイルってあんまり売上無いみたい・・なのでスーパーカブにも NUTECを入れますw (オーナーの要望です(^^;
mtm-moto0609-01mtm-moto0609-02
オートバイ用タイヤのタイヤ卸センターグループってのにも加盟してるのでタイヤ交換も承っていますが、現状はミニバイクのタイヤくらいじゃないとその場で交換って訳には行きません・・・、しかし年間何十本も売れてたミニバイクレース用のタイヤも今では数えるほどしか出ませんね(汗、また大型バイクのタイヤ交換ですと数日預かりになるのでご了承ください。
mtm-moto0609-05mtm-moto0609-06
こちらはマニアックな CBR150Rのフロントタイヤ交換、ホイールは外しての持込だったのでタイヤレバーで瞬殺で交換!、こちらの店舗に持ってきているレース遠征用の小型コンプレッサーがそろそろ悲鳴を上げているので動力電源引いてまともなコンプレッサー置かないとやばそう・・、100Vでもパワーあるコンプレッサーあるかな?

と言う事で殆どミニ四駆屋になってますが、夕方からは暇なのでバイク関係の方も仕事帰りにでもまた寄ってくださいね(^^

※ミニ四駆に洗脳されないように注意!w

関東に居る甥っ子がバイクで里帰りしてきてウインカーとか付かなくなったって言って来たのでちょっと見てみることに・・
10557
で・・乗ってきたのがKTM RC390だった・・実物見るの初めてで少し興奮したけど、このフォルムなのに単気筒サウンドが少し寂しいな(^^;、というかこのバイクで関東から四国まで自走で一晩で帰ってきたとは恐るべし・・
10558
ウインカーの原因は単なるヒューズ切れ、タンクカバーの開け方が解らなかったので全部取っ払ったけどワイヤー引っ張ったら外れる構造でしたw、帰路の道中に大雨にあったとの事なのでどこか漏電している可能性もあるのでヒューズの交換方法を少しレクチャーしておきました。
10559
新店舗の前でおもむろに整備してたんだけど(マテ、よく見ると個人的にすごい好きなショップの「KENZ」のステッカーを貼ってあるのを確認!、聞いたらアパートから一番近いバイク屋が「KENZ」だったので必然的にKTM買ったそうな(^^;

ロードレースやモータージャーナリストとしての川島さん率いる「KENZ」の伝説をいろいろ語ったんだけど、甥っ子はそれにはあまり興味なかったらしい、でも世の中狭いってのはまた実感したのでまた何かご縁があったら仲良くさせてもらおうと思った瞬間でした(笑

このページのトップヘ