MTMバイクブログ

四国の小さなバイク屋さんモーターテック・マツカワです。

2023 徳島ミニバイクレース第4戦 SN50クラス参戦レポート

MTMマツカワです、最近ブログの更新頻度が上がっているのは自宅にPCスペースを作ったので時間を気にせずパソコンで遊べるからw

って事で徳島CUB-1(カブワンメイクレース)のレポートの前に同日(2023/09/17)開催されたSN50(4スト50ccスクータークラス)のレポートです。

20230917-R4-2720230917-R4-02
前回の7月の第3戦の予選で思いっきり転倒して不調のままに終わった我がジョグZR(SA39J)ですが、実はカブレーサー作ってて全くメンテしてなかったので突貫でハンドルを曲げ直し(ォィ、ガコガコと気に成る異音がしてた箇所(メーター裏のステーでした)を特定して補修しました。

20230917-R4-0520230917-R4-04
それとビリビリに破れたシートレザーを張り替えて、なんかスピードの伸びが悪かったので取り敢えずプラグだけ交換しておきました。

20230917-R4-0620230917-R4-07
カブのレーサーも仕上げてトランポに積み込み終わったのは夜中のAM1:30頃・・、翌日の土曜練習はカブのシェイクダウンとジョグの調子を見るために朝一で徳島カートランドに出向きます。


◆土曜日 9/16
20230917-R4-0920230917-R4-08
で、土曜の練習で懸念していた駆動系をリフレッシュするも逆に段々エンジン回転数がバラついて調子が悪い・・、よくよく考えたら過度な軽量化のためにガソリンを少なめに走っていて前回レースの練習で2回ガス欠させていたので、もしかして燃料ポンプの空回しでポンプにダメージが出たのか??(うーん・・

20230917-R4-1220230917-R4-11
まぁ予備のポンプは持ってないので、もしかしたら燃料満タンにして1日寝かせたらポンプのモーターが冷えて直るかも?なんて期待して徳島の重鎮達と徳島ラーメン食べに行ってきました。

20230917-R4-1020230917-R4-28
ラーメンから帰ってセルを回すと一発始動するので、まぁなんとか成るかなと思って一緒に同行したリトルカブのコモダ氏とホテルハイエースで車中泊、コモダ氏も前日から殆ど寝てなかったようでものの5分で大イビキかいて寝てましたw


◆日曜日 9/17
20230917-R4-3020230917-R4-29
翌日曜のレース当日は一晩寝ながら考えて、もしかしてキャリパーのブレーキパッドのベースブレートが曲がっていたのでそれがストレートで引きずっているのでは?と思って朝一番に新品に交換・・しても症状は改善せず朝の練習走行ではストレートで7200rpmまで落ちてスリップストリームを使わず単独だと45秒後半しか出なくなってほぼ諦めモードに、まぁこの後にカブのレースも有るのでスクーターのレースは捨てる覚悟になってました(汗

20230917-R4-1320230917-R4-14
とか言いつつ何かやることはないかと全くノーセッティングだったKN企画のリアショックを定評あるバンプラバーカットとかしてストロークを稼ぐ加工とかしてました。

20230917-R4-1620230917-R4-15
で、ふと思ったのは今シーズン始まる前によく似た症状でプラグキャップの劣化で走行後にエンジンが止まるって事があったのを思い出して、予備のプラグキャップに交換してみたらなんか調子良さげな・・新品交換して半年なんだけどなぁ??、と予選直前のメンテでしたがそのまま予選タイムアタックに!

20230917-R4-1720230917-R4-25
ピットから出てアウトラップから明らかに調子が良い!、久しぶりにグイグイ走れてスリップ無しの単独走行で43.745秒で予選3番手となりました(^^、しかし上位2台のオジサン達は更に速いな(汗

20230917-R4-1820230917-R4-19
決勝はフロントロースタートで前の2台と競って気持ちよく走れ、最終コーナーのツッコミ方法に新たな戦法を編み出したので決勝レースで練習!w、もっと進化するか?

20230917-R4-01
最終コーナーの立ち上がり、ノーマルの4ストスクーターですが気持ちはGPレーサー!、オジサン3人合わせて164歳(^^;; だけどなんか気合入ってますねw、もっと体重移動させる体力があればもう少しオシリをオフセットさせたほうが限界上がるかな?

20230917-R4-2020230917-R4-24
って調子に乗ってたら2コーナーのギャップに取られてフロントから激しく転倒!!、痛みでボー然としてますが、わずか3周で決勝レースはこれで終わりにと思ったけど年間ポイントも考えて取り敢えず走り出す・・もペース上がらず周回遅れに(汗、って思ったらポイント争いしている松根選手が転倒してるではないか!、同じくノーポイントレースになるかと思わずガッツポースが出るも松根選手はすぐに走り出して2位ゴールでした(^^;;


決勝リザルト
20230917-R4-26

ささやんRガレージさんのレース速報動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=ThvVKMVBh9c&t=405s


あとは最終戦のみとなった今シーズンの徳島ミニバイクレース SN50クラスのシリーズランク的には今回1位の田村選手がほぼ年間チャンピオンを決めたと思いますが、我がジョグZRのエンジンも復調した(高価な燃料ポンプじゃなくて良かったw)ので最終戦は頑張って次に繋げたいと思います。

次の更新はCUB-1のレースレポートの予定です、それではまた次回ブログ更新までお待ち下さいね(^^

#徳島ミニバイクレース
#SN50
#ジョグ
#ビーノ

CUB-1 カブレーサーへの道 (その3) 最終回

MTMマツカワです、9月も下旬に成りまして秋らしく随分過ごしやすい季節になりましたが、カブのワンメイクレースに出るための角カブレーサー製作中の9月上旬はまだ気温30度を超える暑い日が続いてましたね。

カブレーサー031カブレーサー032
これはホームセンターで売ってる角材の補強用のスチールアングルです、これを切り欠いてフロントウインカーの蓋を作ります。

カブレーサー035カブレーサー034
仮付けして良い感じにフィッテング出来たら100均のカーボンステッカーを貼ってデコレート、ついでにヘッドライトにも貼って飛散防止対策しておきます。

カブレーサー009カブレーサー010
すでに何度か画像載ってますが、今回取り付けるアップタイプのマフラーを極力出っ張らないように右のサイドカバーをミニ四駆の肉抜き風に穴を開けて逃げを作りました。

カブレーサー011カブレーサー036
マフラーはホンダ純正!のCRF50用のマフラーです、さすが純正なので音質も程よく完全ノーマルの50ccエンジンとの相性は良さそうです。

カブレーサー001カブレーサー002
オイルキャッチタンクとキャブレターの燃料キャッチタンクはレッグシールドに固定します、4速セル付きのエンジンはブローバイのホースが太くて(8mm?)抜けが良さそうです。

カブレーサー003カブレーサー004
新品(大陸製w)のレッグシールドをバンク角確保のために下面を斜めにカットします、オイルキャッチタンクの上のホースはキャブレターの吸気口付近に抜けるようにレッグシールド内に戻します。

カブレーサー005カブレーサー007
オイルのフィラーキャップとドレンボルトの他にカムチェーンテンショナーのボルトもワイヤーロックするために1.5mmのドリルで穴開けました、ドレンボルトは市販の穴開きタイプを使いましたが良く見たらワイヤーロックの方向が逆です(^^;;、撮影後に直しましたw

カブレーサー008カブレーサー026
キャブレターにデイトナのパワーフィルターを取り付けて、チェーンガイドはNSR-mini用の10年くらい前に買った生名サーキットオリジナルのが有ったので取り付けましたw

カブレーサー013カブレーサー014
マフラーを避けるために切り刻んだサイドカバーにゼッケンをどう貼り付けるか考えてたんだけど、ちょうど白のプレートがあったので(ファイル閉じのような素材で厚み3mm位)、それを切り出してゼッケンプレートを制作しました。

カブレーサー015カブレーサー016
ついでに角カブのテールカウルを外して寸詰まりぽくなった箇所を延長したかったので車の垂れゴム用の素材を使って延長しました。

カブレーサー017カブレーサー018
レース3日前であとゼッケン貼ったらレースに参戦できるところまでこぎ着けました!、ゼッケンを切り出す前に思わず栄光?の赤ゼッケンにするためにガムテープで赤にしました、サーキットによってはガムテープゼッケン禁止の所もあるので要チェックです。

カブレーサー025カブレーサー019
レース2日前になってゼッケンも切り出して貼り付けました、リアサスは新品のYSS製350mmタイプをチョイスしています!、この日の夜にはトランポに積み込みますが、最後にオイル受けのアンダーカウルの制作に入ります(マテ

カブレーサー020カブレーサー021
いろいろ考えた末にたまたま目に入った2リッターのクーラントの空き容器!、ギリギリだけどエンジンのクランクケースより幅もあって全オイル量の600ccは受け止められそうなのでこいつを切り刻みます。

カブレーサー023カブレーサー024
ステーを3箇所作ってエンジン下にフィッテングしたらまるで専用パーツのように収まってくれましたw、全日本カブ耐久選手権では取り付け「推奨」となってるパーツなので無くても良いようですがとりあえずそれっぽくなりました。

カブレーサー027カブレーサー028
日も暮れてトランポに積み込みするだけですが、やはりレースのモチベーションを上げるためにステッカーチューンを!、新しくカッティングマシンからいろいろ切り出したのでこれだけで3~4時間掛かりました(^^;;

カブレーサー029
って事で日が変わった頃にカブレーサー完成しました!、これから片付けしながらトランポに積み込んだらもう午前1:30位になってた(^^;、翌土曜日は朝一番でサーキットに行ってシェイクダウンとセッティングを行います、次回はいよいよレースレポートになります、果たして無事にレース出来るか乞うご期待!

#徳島ミニバイクレース
#カブワンメイク
#CUB1

CUB-1 カブレーサーへの道 (その2)

カブレーサーの制作日誌その2です。

前回でとりあえずのエンジン始動までこぎ着けたのですが、非常に始動性が悪く最初はエンジン清掃時にオイルが燃焼室に入ったのだと思ってたんだけど、たまに始動してもアイドリングしない、キックしても何か圧縮低そうなので測ったら8キロ程だったので少し低いけど普通なら掛かるよな・・とは思ったけど、いろいろ考えてボアアップとかして余った中古ノーマルピストンとかあるのでそれを組み付けることに・・

角カブ-79角カブ-34
シリンダーは比較的綺麗でしたが、ピストンもカーボンで真っ黒だけどリングのテンションとかは問題無さそう・・と思ったらオイルリングが固着して回っていませんでした(^^;、これだ!と思い比較的状態の良さそうなピストンを組み付けました。

角カブ-35角カブ-36
漢のガスケット再利用(マテ、ササッと組み付けて圧縮測ったら冷間で9キロまで回復してたので温まったら10キロくらい行くかなと思ってキックキック!、うーん・・症状は同じで偶に始動してもアイドリングしない・・、そこでリトルカブのCDIを付け替えたらプラグに火が飛ばなかったんだけど4速カブとCDIの配線が違うと言う事でハーネス入れ替えたら一発始動!!、やったー!と思ったけど今度は全くエンジンが吹けない??、なんか電気的なリミッターが効いたような感じなので一晩考えてこれまた部品取りの不動のリトルカブからハーネス移植することにしました(^^;

角カブ-78
雨ざらしで変なカスタムされててグチャグチャ配線のリトルカブからハーネスを部分的に剥ぎ取り、折角セル付きの角カブだけどセルはキャンセルして完全なレーシングハーネス仕様に!

角カブ-80角カブ-40
無事にハーネス移植が出来てキルスイッチはホーンボタンにw、素のハーネスはリトルカブ3速だけどリトルカブのCDIではプラグの火花が飛ば無かったけど角カブ4速のCDIにしたら火花飛ぶ・・あまり深くは考えずにキックしたら一発で始動して普通にエンジンも吹けてくれました!、角カブの前オーナーももしかしたらエンジン調子崩して放置したのかもしれないけど原因はハーネスだったのかも?、とりあえずまだ走ってないので良く解らないけどタコメーターで8500rpmくらいまで回ってるのでもうエンジンはこれで良しって事で足回りに掛かります(時間がない!

角カブ-26角カブ-25
タイヤは電熱ウォーマーが巻けないルールなので熱の入りやすいブリヂストンのBT39SSに、本当はフロントはもっとコンパウンドが柔らかいBT390にしようと思ってたんだけどメーカー欠品で間に合いませんでした(^^;;、ブレーキキシューも新品にするついでにデイトナの青シューに前後変えときました。

角カブ-27角カブ-28
フロントタイヤが太くなったので空気を抜いてもフォークに嵌らないのでアンチリフトのバーを取り外して組む・・アンチフリトバーのゴムブッシュが終わっていたけど見なかったことにしてそっと組みました(^^;;

角カブ-53角カブ-54
今回のカブレースの首謀者のカブ界のKING前畑氏からノーマルフェンダーだとBT39SS当たるかも知れませんよ?、とアドバイス頂いたので、もう時間も無いので当たりそうな部分を確認するとブレーキとメーターワイヤーの逃げの部分が出っ張っていたのでサンダーで削り落とす!

角カブ-55角カブ-56
こんな感じで逃げの隙間は出来たのでもうこれでいいやと全部組み付けました、まだゼッケンとか細々した整備が必要ですが一応走れる所までは組めたので、この続きはまた次回のブログ更新でご紹介しますね、果たして無事にカブレースに参戦できるのか!?

#徳島カートランド
#カブワンメイクレース
#CUB1